税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 漁船衝突流出で海保職員逮捕へ

<<   作成日時 : 2010/11/10 15:46   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 沖縄・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件のビデオ映像の流出元として疑惑の渦中にあった石垣海上保安部(沖縄県石垣市)。職員たちは10日正午過ぎ、海保職員が名乗り出たことを知らせるテレビのニューステロップをじっと見つめた。名乗り出たのは第5管区海上保安本部の神戸海上保安部の職員だったが、庁舎内の空気は張りつめたまま。職員の一人は「管区は違うが同じ海保の人間。なぜ…」とうなだれた。

 朝から報道陣が詰めかけていた石垣海保。報道対応にあたる幹部を記者が取り囲んだ。報道の内容をめぐって矢継ぎ早に質問が飛んだが「私も報道で知った。何も情報はないし、本庁からも特に連絡もない。何も言えない」と繰り返した。

 石垣海保によると中国漁船衝突事件以降、第5管区海上保安本部管内から職員の派遣を受けたことや、石垣海保職員が5管に派遣されたことは確認されていない。

 ある幹部は「どういう形でほかの管区職員が映像を入手できたのか、まったく分からない」と話した。

                                                    (産経ニュースより)



 当然、内部のリークがなければならない事案である以上、驚きはない。


 どういう、意図で流出させたのかは捜査が進まなければわからない。


 この問題は、どういう政治的信条であれ、行動規範で行ったにせよ。


 公務員である以上、守秘義務はある。


 今回の行動がどのような結果を招くかは大人なのだから分かった上での行動だろう。


 当然、この先公務員としてやっていけるはずもなく、懲戒免職が相当であろう。


 今回の流出を良くやったと褒める風潮もあるようだが、良い流出と悪い流出はない。


 ことの結果は大人なのだから海保職員が取るべきであろう。


 その上で彼を擁護してあげたいのなら、その人たちが彼のこの先の就職先でも世話してあげたらどうか。


 ただし、彼の倫理規範は自分自身の尺度でしか図られないのだということを肝に命じるべきであろう。


 彼は軍人ではないのだからあたらないかもしれないが、現場が勝手に判断し行動する組織ほど怖いものはないのだという事もこうした行動を是認する人は考えるべきだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
セブンで
売っているハンバーガーあるの知ってるかな?あれ高いけど一度買ってみる価値はあるよ☆結構おいしいし一個でお腹いっぱいになる♪中でもチキンがおいしい^^ ...続きを見る
☆美香のブログ☆
2010/11/10 17:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
漁船衝突流出で海保職員逮捕へ 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる