税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 菅内閣発足

<<   作成日時 : 2010/06/08 19:28   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 菅直人新内閣で官房長官に就任する仙谷由人衆院議員が8日午後、新閣僚の名簿を発表した。同日夜、皇居で認証式を行い、正式に発足する。菅氏は午前の民主党役員会で、新執行部メンバーに対し「当面の問題は、国会対応と参院選をいかに勝ち抜くかにかかっている。先頭に立って走り抜きたい」と決意を語った。

 菅新首相は8日午後、連立を組む国民新党の亀井静香代表と首相官邸で会談し、政権運営への協力を要請。国会審議中の郵政改革法案について、「今国会での成立を期す」ことで合意した。

 その後、仙谷氏が記者会見で、閣僚名簿を発表した。行政刷新相に「事業仕分け」で活躍した蓮舫参院議員、国家戦略相に菅氏側近の荒井聰衆院議員、党政策調査会長を兼務する公務員制度改革担当相に玄葉光一郎衆院議員を起用。財務相には野田佳彦衆院議員、農林水産相には山田正彦衆院議員が、それぞれ副大臣から昇格した。一方で、11閣僚が再任された。仙谷氏は顔ぶれについて「若さ、清新、仕事大好き内閣」と述べた。

 首相補佐官には、阿久津幸彦(東京24区)、寺田学(秋田1区)の両衆院議員を起用。逢坂誠二衆院議員と小川勝也参院議員は再任された。

 菅氏は同日夕、新首相として初めての記者会見を行い、新内閣の方針について説明する。夜には初閣議を開く。

 所信表明演説が11日、衆参両院での代表質問が14、15の両日と、当初予定よりずれ込むため、菅政権は、16日までの会期を延長するかどうかの判断を迫られる。国民新党が求める郵政改革法案を成立させるためには、2週間程度延長せざるを得ないとの見方が政権内では強まっている。

 ただ、会期を延長すれば、参院選の投開票日が当初予定の7月11日からずれ込む。民主党内では参院を中心に、菅内閣への期待が高いうちに参院選に突入すべきだとして、会期延長への反対も根強い。8日の役員会では、参院改選組の小川敏夫・国民運動委員長が「できるだけ延長しないでほしい」と求めた。

 会期延長した場合でも郵政改革法案の参院での審議日程が窮屈であることに変わりはない。同法案は衆院で採決をめぐって混乱した経緯があり、参院でも繰り返されれば、世論の批判を招きかねない。細野豪志幹事長代理は8日朝、TBSの番組で「衆院の法案審議は色々と反省があってしかるべきだ。参院で同じことはできない」と述べた。

 一方、自民、公明、共産、みんなの4野党の国会対策委員長は8日午前、会談し、首相が出席する予算委員会の開催を求める方針で一致。会談後に自民党の大島理森幹事長が民主党の枝野幸男幹事長に要請した。野党は「政治とカネ」の問題も含め新政権の姿勢を追及することで、参院選前に存在感を示す狙いがある。自民党幹部は「『逃げるな菅』で攻めていく」と語った。
(朝日新聞より)


 元の自分が住んでいた所を地盤にした人が首相になるのはなんとも・・・・な気持ちがする。


 直接、お会いしたことは数回しかないが、物事をハッキリいう人だなというのがその当時の印象だった。


 奥様の方は都議選や市議選を含め、菅氏の直接的な選挙の時以外は必ず、ご機嫌伺いのように遣って来られた。たぶん、菅氏自身の選挙の時は選挙区が大きすぎるのか、公職選挙法の戸別訪問に抵触するからなのだろう。


 非常に丁寧な物腰で、TVで見るときとは違い優しい感じの人だった。



 とにかく、まずはおめでとうと言いたい。



 菅氏自身は首相になりたくてなりたくてしかたがなかったのではないか。



 その点ではいつぞやの「私はあなたとは違う」といって首相の座を退いた人よりも数万倍ましだ。



 首相になって何を基本理念におくかはその時々の首相によって違うだろう。



 だからこそ、所信演説は楽しみだ。



 まだ、始まったばかりではあるが、鳩山首相とは違い時間的猶予は少ない。



 優先順位をできるだけ早く決めなければならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
菅氏 新政権は「奇兵隊内閣」
なかなか順調な船出じゃん [ニコニコ/]小沢色薄めて、金にクリーンなイメージ醸して、若返り強調して、安定感のある布陣を印象づけてさ。支持率と言うか期待値もV字回復 [おー!/]あとは参院選まで何事もな... ...続きを見る
時々時事爺
2010/06/08 22:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
菅内閣発足 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる