税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 普天間騒動

<<   作成日時 : 2010/05/29 23:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

テレビを点ければ普天間騒動が垂れ流されている。

テレビのコメンテーターは夢見る夢夫が夢を語っているだけ、何がしたかったのか、まるで他人事の様に論評するだけだった。


もちろん、たかだかコメンテーターなのだから、それ以上の見解がある訳ではないのだろう。


首相自身に問題がない訳ではない。夢見る夢夫なのも事実だと思う。非難されるのは当然だろう。政治は理想に現実が伴わなければならない。


理想だけでは評価されない。だが、もうひとつ忘れてならないのは政治家は理想を語れなければならない。


鳩山首相を擁護する気にはなれないがマスメディアや国民全体も安全保障について真剣に考えなければならない。安全は無料ではない。


四方を海に囲まれている日本は守るのに大変な労力が必要になる。


アメリカの覇権主義にとって日本に基地を持つと言うプレゼンスは魅力だろう。だとすれば、地位協定の改善等、他の国と違う対応を何故求めないのであろうか?


現政権に問題が山積だが、マスメディアも面白ければ良いという報道以外も考えてするべきではないか。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
普天間騒動 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる