税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日銀が量的緩和策を発表

<<   作成日時 : 2009/12/02 10:29   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 日本銀行は1日午後、臨時の金融政策決定会合を開き、新しい資金供給手段による金融緩和の強化を決めた。10兆円を追加で供給する。急激な円高や株安を受け、政府の経済対策と歩調を合わせて景気を下支えするという。白川方明(まさあき)総裁は「広い意味で『量的緩和』と言っていい」と説明した。

 政策委員7人(総裁、副総裁2人、審議委員4人=1人空席、1人欠席)の全員一致で決めた。政策金利の誘導目標については、現行の年0.1%に据え置いた。

 新しい資金供給手段は、日銀が金融機関に対し、年0.1%の固定金利で期間3カ月の貸し出しをする。担保が必要だが、金融機関が持つ国債、社債など日銀が適格と認めるすべての担保が使える。

 3カ月物の市場金利は直近では0.3%前後。新手法では、この金利を下げる効果が見込まれる。日銀が通常の誘導目標としている無担保コール翌日物(銀行間で担保なしで翌日に返す約束の貸し借り)は昨年12月から0.1%前後で、これ以上下げる余地が少ないが、より「長めの金利」を下げることで景気刺激や円高抑制を目指す。

 今月から新手法を始め、期限は設けない。白川総裁は会合後の記者会見で「日銀が低金利政策を続けて景気を支える姿勢が明確に伝わる」と効果を説明。10兆円の供給規模についても「市場の状況を見て適切に判断する」と述べ、増額の可能性を示唆した。

 臨時会合は昨年12月以来。白川総裁は「経済・物価・金融情勢の基本判断は変わっていない」と述べる一方、「円高方向に振れる、株価も下落するということで、企業心理に悪影響が及び得る動きがあった」と臨時会合による政策変更の理由を述べた。

 さらに新手法について「資金供給量が制約となって金融機関の行動が制約される状況を作り出さないという広い意味で、量的緩和だと言っていい」とも説明。ここ数日、政府が日銀に事実上要請していた「量的緩和」の求めに応えているとの見方をにじませた。菅直人副総理は1日、記者団に「非常にスピーディーかつ一体的な行動をとって頂いた。マーケットもそれなりに好感した」と述べた。

 鳩山由紀夫首相と白川総裁は2日、円高や株安などへの対策で意見交換する予定だ。

 1日の東京株式市場では、午前に臨時会合の開催が発表されると、金融緩和への期待から日経平均株価が上昇。終値は、前日比226円65銭高の9572円20銭になった。外国為替市場の円相場も円安方向にふれ、一時は1ドル=87円台半ばを付けた。しかし、株式市場終了後に決定内容が伝わると、再び円が買われ、午後5時時点は、前日同時点より89銭円安ドル高の1ドル=87円03〜04銭。その後のニューヨーク市場でも1ドル=86円台半ばで取引されている。市場では「金融緩和は期待外れだった」との見方も出ている。

 一方、低金利政策が長引くとの見方から国債が買われ、長期金利は急低下。新発10年物国債の流通利回りは一時、11カ月ぶりに1.2%の大台を割り、1.190%を付けた。
(朝日新聞より)



 昨日、日銀が量的緩和策を打ち出した。


 規模が妥当なのかという声もあるが、その事よりもデフレが深刻化するのを防ぎたいとする政府との認識を日銀が持ったという事が評価できるのではないか。


 また、低金利政策が続く中で、日銀に唯一残された手段が量的緩和策である事が深刻な事態を物語っている。


 この不況下の中、その国が持つ力を示す為替通貨も本来なら国民は喜ぶべき円高も現在の経済状況の中では追い討ちになっているのも事実だろう。


 また、人によっては量的緩和そのものに意味がないとする向きもあるが、一段の為替変動に歯止めが掛かる可能性にも期待したい。


 ドバイショックからドルに続きユーロにも暗い影がさす中、消去法で円が買われている。


 これからの課題は政府の経済政策にシフトしていく、もちろん、量的緩和の更なる拡大もあり得るのかも知れないが、モラトリアム法が施行される中で、市中の銀行がどれだけリスクを冒して中小企業を支えるのかは不透明になってきている。


 何か特効薬を探したいが、それを見つけるのは至難の業と言えるだろう。


 不透明な経済状況をどう考え行動するか正に暗中模索の日々が続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日銀が10兆円の資金供給追加を行うそうです。
日銀は本日開催された臨時の金融政策決定会合でコール市場向けに10兆円規模の新たな資金供給策を追加することを決定したそうです。これにより現在の強力な金融緩和のさらなる浸透をはり、景気回復、デフレ脱却、物価安定、成長継続を狙って行くそうです。効果がどの程度あるかは素人の私には良く分かりませんが、これにより日経平均は午後に大幅続伸したところをみるとかなり期待してよいのでしょうね。&#45;&#45;&#45;&#45;&#45;&#45;&#45;&#45;&#45;&#45;&... ...続きを見る
中年サラリーマンお父さんもりもりのビジネ...
2010/02/27 09:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日銀が量的緩和策を発表 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる