税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 中川昭一元財務相が亡くなる。

<<   作成日時 : 2009/10/05 12:09   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 中川氏の急死を受け、麻生太郎前首相は記者団に、「保守の理念を再生していくうえでは最も期待されておられる人物だと思っていました。自由民主党としても大きいダメージを受けたと思っています」と語った。

 弔問に訪れた安倍晋三元首相は「安らかにお眠りください」と語りかけたという。「大きな損失。残念です。この数年間、働きづめだった。そして、この1年間は昭一さんにとっても、ご家族にとっても、大変な1年だった」

 最後に電話で話したのは10日くらい前だという。「保守再生のために安倍ちゃんがんばろう、と元気な様子だったのに……」

 麻生、安倍両氏らは、政権奪還と党再生を期すためには経済政策と同時に憲法改正をはじめ「保守の理念」の再構築が不可欠と考える。その両方を併せ持つ数少ないリーダー候補を失ったとの思いだ。

 麻布中学・高校の同窓生だった自民党の谷垣禎一総裁も、都内の私邸前で記者団に「大変有能な方で、これからまだまだ力を発揮していただかなきゃならない局面が必ずあると思っていましたので、誠に残念です」。

 大島理森自民党幹事長はともに83年に初当選した「同期組」だった。「彼の悔しさを考えると、我々は自民党再生のために頑張らなければいかん」と目を潤ませた。

 政権側にも急死を驚く声が広がる。鳩山由紀夫首相は「同じ北海道の国会議員として今回のことは大変残念です。突然のことで大変驚きました」とのコメントを発表。社民党の福島瑞穂党首も「私は(東京)大学時代の同級生。大変ショックを受けております」と記者団に語った。
(朝日新聞より)



 先の衆議院選挙から1ヵ月あまりが過ぎた昨日、自宅で中川元財務相が遺体で発見された。



 昨日の昼過ぎからはこのニュースで持ちきりになっていた。



 死亡原因は諸説流されているようだが、行政解剖を行って尚、確定にはいたっていない。



 実父の中川一郎氏も不慮の死を遂げているだけに、色々な憶測が流されている。



 どうしても、今年初めに起こったイタリアでの記者会見が大きくクローズアップされ、自身の起こした不祥事であるが故にそのイメージを払拭できずにいた。



 その当時も書いたが、あの時、なぜ周りは飲む事を止めなかったのであろうか、もちろん、自己責任と言われてしまえばそれまでだが、周りがもう少し注意していれば未然に防げていたのではないだろうか。



 今回の件は自殺なのか事故なのか、病死なのかはわからない。



 どうにもならなかったのであろう。



 自民党の中でも、政策に長けて、理路整然として自身の言葉で語りかけようとする数少ない政治家の一人だっただけに残念だと思う。



 私は自民党を支持していないが、今年初めの事件は残念だと思ったが、やり直すチャンスはあったはずであろう。



 残念だが、心よりご冥福をお祈りしたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
普段から飲んでて、止めても無駄だと知ってるから周りも止めなかったんでしょ?

2009/11/01 03:52
 匿さん、コメントありがとうございました。
 PCの調子が悪くコメントバックが遅れました。申し訳ございません。
すかんく
2009/12/07 16:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
中川昭一元財務相が亡くなる。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる