税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日米のルールの違い?(現代の赤い靴?)

<<   作成日時 : 2009/10/02 15:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 離婚した日本人の元妻が米国から実家の福岡県に子どもと帰国したため、子どもを取り戻そうとした米国人の元夫が、警察に未成年者略取容疑で逮捕された事件が、米国内で報道され、高い関心を集めている。米国では、子どもを勝手に海外に連れ去ることは犯罪行為とみなされ、米国側も元夫を支援する。背景に、国際結婚が破局した場合の日米のルールの違いがあり、問題解決は難航しそうだ。

 混乱の背景には「ハーグ条約」がある。「拉致された家族を救うための行動が逆に日本で犯罪に問われた」「釈放に向けて外交努力が求められる」。CNNは「拉致」という言葉を使いながら、連日、大きな扱いで伝えている。

 逮捕されたのは、米テネシー州の男性(38)。福岡県警柳川署によると、逮捕容疑は9月28日朝、柳川市内の路上で元妻と一緒に登校中だった長男(8)と長女(6)を無理やり抱きかかえて車に乗せ、連れ去ったというもの。元妻が110番通報し、福岡市の米国領事館に来た男性を警察官が発見し、逮捕。署は30日午前、男性を未成年者略取容疑で送検し、今も勾留(こうりゅう)中だ。男性は「子どもに会いたかっただけ」と否認しているという。

 テネシー州で4月から男性の代理人を務める弁護士によると、夫婦は今年1月に離婚。両親がともに親権を持ち、子どもは母親と一緒に、男性宅の近所で住むことで合意した。男性は米国人女性と再婚した。ところが母親は男性に告げず、8月13日に子どもと帰国したという。弁護士は「日本は、米国の法律を破った母親をかくまうべきではない」と主張する。

 一方、離婚調停時に母親の代理人だった弁護士は「米国の法律を守らない行為は支持できない」としつつ、「母親は、常に支配的な男性の態度に悩んでおり、家族で一緒に住むことを望んでいなかった」と説明。夫婦は日本での結婚生活後、08年6月に渡米したが、男性は渡米の翌日に離婚の書類を示した。日本生活が長い子どもたちも米国暮らしに慣れなかったという。

 米国務省は取材に「個別事案にはコメントしないが、この問題については承知している」と指摘。「日本は大事なパートナーで友好国だが、子どもの連れ去りについては意見が異なる。米国で取り残された親は大きな心理的負担を強いられ、子どもを取り戻せないでいる」と話している。

 県警は「子どもを無理矢理連れ去った行為自体が犯罪で、離婚の経緯などは事件と関係ない」としている。(ニューヨーク=田中光)

     ◇

 ■ハーグ条約 国際結婚が破局した場合、一方の親が勝手に子どもを国外に連れ出さないよう求めている。国境を超えた「面接権」を定め、米国やカナダなど80カ国以上が加入している。

 日本は未加入であるため、日本人の親が子どもと日本に帰国した際に、外国人の親が子どもを連れ戻すことは極めて困難だ。トラブルが相次ぎ、欧米諸国は条約に加わるよう、日本政府への圧力を強めている。
(朝日新聞より)



 現代の「赤い靴」というべきなのか、国際色豊かな結婚事情がもたらした、子供たちにとっては悲劇と言うべきであろう。


 子供にとってはどちらの親も親なのであろうが、国境を跨ぐ話なだけに複雑かつ距離的にも壮大な話になる。


 今回の事件に限らず、子供を海外に連れ出す外国人の配偶者の問題は後を絶たない。


 どちらの親も我が子が大事なのは変わらないだろうが、日本は記事にもあるがハーグ条約に批准していない。


 こうした問題は当事者にならなければ中々、分かりにくい面もある。


 欧米ほど、司法が家庭に入りこまない。


 この事件の場合、子供たちはどちらの国で生活したいのであろうか。


 父と暮らしたいか母と暮らしたいかではなく、何処で暮らしたいと考えているのか聞いてみたいものだ。


 また、欧米人と東洋系とは少し価値観や家族観が違うのもこうした国際結婚では価値観の違いに拍車をかけるのかもしれない。


 アメリカが国を挙げて彼を擁護するのなら、日本政府も臆することなく自国の国民を守る姿勢は見せて欲しいものだ。


 と同時に最後はある程度の話し合いも必要だとは思うが、子供たちがどう考えているのかを尊重するのも大切であろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております。

この問題は国内各地の掲示板で、議論が様々されてますが、どこのソースにも背景が書いてないと言うのが印象です。
国際結婚の諸問題を改めて考えさせるものとしては、良い機会かもしれません。日本人とすれば、母親の言い分も分かりますし、米国の言わんとする事も理解出来るが、仰るように、どちらにも子供の意志はないと言うのが共通して言えるようですね。
でも、日本人的感覚を出せば、離婚後直ぐに別に婚姻して、今更感はありますよね。
義宗
2009/10/03 22:49
 義宗さん、コメントありがとうございます。
 日本人の価値観なのかも知れませんが、帰国後直ぐに離婚を切り出し、その直後に別の人と婚姻しているのに凄く違和感を感じます。とにかく、一度帰国し、米国の法の元での子供の養育権を取りたいと最初から画策しているようにも見えます。
 記事が書いている事が全てではないでしょうし、夫婦間の問題は夫婦にしか分からない問題もあるでしょうから、他人がとやかく言えないのでしょうが、子供の将来を見越した解決を望みたいものですよね。
 それとは別に、ハーグ条約に対する政府の確固たる姿勢を考えて置くべきでしょう。
すかんく
2009/10/05 11:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
日米のルールの違い?(現代の赤い靴?) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる