税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 揺れる自民党総裁選

<<   作成日時 : 2009/09/02 14:02   >>

トラックバック 2 / コメント 0

 自民党は1日の総務会で、「ポスト麻生」を決める党総裁選を「18日告示、28日投票」の日程で行うことを確認した。「地方の声を聞く必要がある」として地方票を300票に増やすことも決定。ただ、だれを首相指名するかという肝心な点は、議論百出で結論が出なかった。

 「(自民党の国会議員が)400人いる時の『地方300票』ならいいが、200人しかいないのに300票は駄目だ。国のことは国会議員が責任を持たないといけない」

 1日の自民党役員連絡会。細田博之幹事長は、菅義偉選挙対策副委員長らが党則の総裁公選規程にのっとって地方票300票にすべきだと主張したことにこう反論した。

 党則では、47都道府県連への基礎票を3とし、残りの159票を党員数に応じて配分する計300票を地方票と定める。突然の総裁辞任など緊急の場合は、基礎票のみ(計141票)で集計する簡易方式もある。8月31日の党役員会では、今回も簡易方式を踏襲することを確認していた。

 だが、細田氏の反論に、菅氏は「地方は自民党の宝じゃないですか」と再反論。地方の声も踏まえた解党的出直しを迫られているとして、党則通り地方票300とする「本格方式」に決まった。

 この方式をとるのは、安倍総裁を誕生させた06年9月以来。ただ、当時は、地方票300票に対し、衆参国会議員の持ち票は403票だった。今回は総選挙大惨敗で国会議員票は200票に激減し、地方票より少なくなる。

 「本格方式」はこの後の党総務会でも了承。総裁選日程も「28日投票」との方針を確認した。

 だが、総裁選前の首相指名への対応は依然解決しないままだ。総務会では、細田氏が「『麻生太郎』という名前でいきたい」と切り出したが、「一致結束するには白紙(投票)が一番」(谷川秀善参院幹事長)など異論が噴出して結論が出なかった。

     ◇

 総裁選に出馬するには国会議員20人の推薦が必要だ。これまで派閥が候補擁立の母体だったが、20人以上残ったのは町村派、津島派、古賀派だけ。この3派閥も内実は一枚岩といえず、派閥単位で争う総裁選にはなりそうにない。

 しかも派閥会長では津島雄二党税調会長が引退、山崎拓元幹事長が落選、町村信孝前官房長官と伊吹文明元幹事長は選挙区で敗北。麻生首相は敗北責任を問われ、二階経産相は派閥の衆院議員が本人のみとなり、残るは古賀誠元幹事長と7人の小所帯になった高村正彦元外相だけ。「派閥会長が出馬するのは党が変わろうとするイメージにあわない」(菅選対副委員長)との批判も公然とあがる。

 このため、総裁選に出るには、派閥に頼らず20人を集めることが大きなハードルだ。このため、出馬が取りざたされる舛添厚生労働相、石破農林水産相、石原伸晃幹事長代理らはみな慎重な姿勢だ。

 さらに激戦を勝ち残った派閥会長らベテラン勢が世代交代を受け入れる保証もない。ある幹事長経験者が「舛添氏は人望がない」と言えば、三役経験者は「石原氏や石破氏が出るならおれも出馬する」。加藤紘一、中川秀直両元幹事長、鳩山邦夫前総務相が出馬意欲をみせたことがあり、谷垣禎一元財務相や林芳正経済財政相らの名前も挙がる。安倍元首相は「全く考えていない」と否定している。
(朝日新聞より)



 所詮、野党自民党の内輪の事なのでどうでも良いのだが、結局、今回の選挙の大敗により壊れてしまったのか、元々壊れていたのかは分からないが、これだけのインパクトでも理解が出来なかったのだろう。


 問題は姿勢なのではないか、あまりにも郵政選挙が凄まじかったので、党首の人気があれば選挙は楽に戦えると刷り込まれてしまったのであろう。


 元々、国民は嫌気がさしていた。それなのに稀代のペテン師(言い方は汚いかもしれないが、これでもほめ言葉のつもりです。)が登場し、国民はそれに酔ってしまった。



 国民をそこまで酔わせてしまう、そういう意味では小泉前首相は政治家としては偉大だったのかも知れない。



 話を元に戻すと、私は理念を掲げ、自民党が再興する事を願う。



 一党が強大な力を持ち政権を独占するのは良いことではない。


 権力は握った瞬間から腐敗が始まるものなのだと思う。


 人は弱い生き物で、どうしても握ったものを守ろうとするものである。


 その為にも、自党の足腰は強くするべきだ。


 自民党の最大の強みは農村部を初めとする地方都市にあったはずだ、現に島根や福井等はこの選挙でも自民党の議員を選んだのだ。


 であるなら、地方の意見を聞く耳を持つべきであろう。


 全ての地域で勝つことはそうあることではない。


 今回、2度続けて特異な選挙になった。


 いずれ、地方による住み分けのような選挙になるのではないか。



 どうなるにせよ。民主党だけで良いわけが無い。


 
 次の選挙で復活するかどうかは別として、新しく生まれ変わるチャンスなのだ。



 これを生かさなければ本当に消えてなくなることになる。



 健全な政権交代がなされて行くような2大政党プラスいくつかの少数政党という図式が良いのだと思う。


 
 どう生まれ変わるのか、有権者は今固唾を呑んで見守っているのだと言う事を忘れてはならない。



 それと、これまた老婆心だが、白票を出すのはどうなのだろう。



 たった1年前、自分達だけ選んだ総裁を選挙が近づくなかに引き摺り下ろそうとした挙句に、国民にそっぽ向かれて選挙大敗、それでもミジンコみたいなプライドを振り翳してお前のせいだのたまう姿、他人が見て素晴らしいと思うかどうか考えてみるべきであろう。


 便宜上でも、自分達が選んだ結果を最後まで貫く意地も無いのか。



 確かに気持ちは分かる。



 選挙後の首相も敗戦の弁を聞くと他人事の様な言い様だった。



 首相には首相のいいぶんはあるのだろうが、やはり神経を逆なでしている。



 それでも、細田幹事長ではないが、所詮、野党の党首で絶対に首班指名されることは無い。



 本来なら、本人が辞意を表明しているのだから時間があれば新しい総裁を選ぶべきであろう。



 このような時は彼の名前を書くのもしかたないのではないか。



 それこそ、どうしても嫌ならしょうがないのだろうが・・・・。



 まあ、私が言う事ではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
谷垣禎一 事務所
自民ますます混迷か 舛添、総裁選“不出馬”宣言 &lrm;7 &#26178;&#38291;&#21069;&lrm;古賀派の谷垣禎一元財務相も出馬には消極的とされ、解党的出直しの「第一歩」と位置づけられる総裁選の行方は混沌としてきた。一方、総裁選は党員・党友を含めた地方票300票、国会議員200票の計500票で争うことになり、派閥単位での「票読み」も通用しなくなり ...(続きを読む) 衆院選:谷垣氏支援の買収容疑で71歳男逮捕 京都府警 &lrm;2009&#24180;8&#2... ...続きを見る
芸能界ゴシップニュース速報
2009/09/02 19:12
今日の論点!ブログ意見集: 自民党総裁選の立候補者は? by Good↑or Bad↓
「自民党総裁選の立候補者は?」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
今日の論点!by 毎日jp & Blog...
2009/09/08 14:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
揺れる自民党総裁選 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる