税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 夫婦別姓が具体化か?

<<   作成日時 : 2009/09/30 11:16   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 千葉景子法相は29日、報道各社のインタビューで「選択的夫婦別姓制度」を導入する民法改正案について「早ければ来年の通常国会への提出を目指す」と述べ、実現に向けて強い意欲を示した。福島瑞穂・男女共同参画担当相(社民党)もこの日の記者会見で「私自身も実践してきたし、選択肢の拡大につながる」と話し、通常国会での成立を目指す考えを明らかにした。

 民主党はマニフェストの元となる政策集で「夫婦別姓の早期実現」と明記しており、千葉法相も「党として承認する政策だ」と述べた。ただ、法改正には与野党を問わず慎重な意見も根強く、結局、民主党のマニフェストには盛り込まれなかった。実現には、まず民主党内をまとめられるかが焦点になりそうだ。

 結婚した際に夫婦同姓か別姓かを自由に選択できるようにする同制度は、96年に法制審議会(法相の諮問機関)がその導入を柱とする民法改正案を答申。法務省もその内容に沿って法案化に着手したが、当時の自民党を中心とした与党内から「家族の一体感が損なわれる」などと異論が噴出し、法案は提出断念に追い込まれた。その後、推進派の議員らが議員立法で20回にわたって法案を国会に提出したが、成立には至っていない。

 千葉法相はこうした経緯に触れ、「法制審の答申があったのに、この間、実現しなかったことの方が異常という感じがする。答申に基づいた法案を、できるだけ早い時期に国会に提案できるように進めたい」と話した。通常国会で予算に関連しない法案を審議するには、3月までに法案を提出するのが通例だ。

 法制審の民法改正案には、離婚を認める理由の見直しや婚外子の相続差別の解消も盛り込まれている。千葉法相は家族をめぐる民法の規定についても「旧来の家族法では対応しきれない問題も出てきている。個人の多様な生き方、家族関係、社会状況に対応できるように変えていく方向で考えたい」と述べ、見直しに前向きな姿勢を示した。(延与光貞)
(朝日新聞より)



 こういった問題は個人の価値観の違いに起因しているのだろう。


 夫婦別姓の最大の問題点は、生まれてきた子供の姓をどの様に規定するかなのではないか。


 大人は自身の政治信条や生活環境によりどうするかを判断するのであろうから、姓を変える事が生活環境に劇的に変化をもたらしてしまう等の事情もあるのかも知れないし、第一、自身で判断する事なのだろうから別姓も良いのではないか・・・。


 家族のあり方は社会規範に反しない限り、個人の決定権の問題でもあろう。


 さほど、社会が必死になって家族崩壊を叫ぶ方が少しおかしい気がする。


 価値観の多様化が叫ばれている昨今、問題にするほどの事なのだろうか・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
上記ご意見に全く同感。最近、千葉法相への批判的コメント多い様だが、殆どが島国根性の保守反動的なもの。夫婦別姓など、騒ぐ程の問題でなく先進国で採用していないのは日本だけである。何でも「変わる事だけが怖い」らしい;
服部君
2010/01/16 13:22
コメントありがとうございました。
返事が遅くなり申し訳ありません。
すかんく
2010/03/05 11:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
夫婦別姓が具体化か? 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる