税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党、鳩山内閣発足

<<   作成日時 : 2009/09/16 18:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 民主党の鳩山由紀夫代表(62)が、16日召集された第172特別国会の首相指名選挙で、第93代、60人目の首相に選ばれた。同日夜、鳩山新内閣が発足する。総選挙で野党が単独過半数を得て政権交代が実現するのは戦後初めて。

 鳩山氏は16日午前の党参院議員総会で「きょうが新たな歴史の転換点。政治と行政の仕組みを根本的に変えるスタートの日だ。後世の歴史家が『素晴らしい日だったね』という一日にするために積極的に働こう」とあいさつした。

 閣僚名簿については、官房長官に就任する平野博文氏が16日午後、発表した。官邸主導の政策決定のために新設する国家戦略局の担当相は菅直人代表代行で、副総理を兼務する。行政の無駄や不正をチェックする行政刷新会議の担当相は仙谷由人元政調会長。厚生労働相には、「ミスター年金」と呼ばれる長妻昭政調会長代理を充てた。

 財務相には細川、羽田両内閣で蔵相を務めた藤井裕久最高顧問、外相には岡田克也元代表、防衛相には参院外交防衛委員長を務めた北沢俊美副代表を起用。公共事業見直しが焦点の国土交通相は前原誠司副代表、農林水産相は赤松広隆選挙対策委員長、郵政見直しや地方分権を担う総務相は原口一博・党「次の内閣」総務相が就く。連立を組む社民党の福島瑞穂党首が消費者・少子化担当相、国民新党の亀井静香代表が金融・郵政問題担当相として入閣する。

 一方、麻生内閣は16日午前の閣議で総辞職。自民党は94年以来、15年ぶりに野党に転落した。麻生首相の在職は358日間で、現憲法下で7番目の「短命」だった。
(朝日新聞より)



 過度の期待と溢れる不安の中、鳩山新首相が誕生した。



 国民の選択がどう出るかはこれからの彼らの手腕にかかっている。



 国民生活が逼迫する中、構造改革では国民の生活が良くなるという兆しが見えないとして、300議席を超える支持をうけての発足となる。



 長くても半年短ければ1ヵ月で方向性を見せ始めなければ国民の感情に日が着きはじめてしまう可能性がある。



 それ位、国民は生活に将来に不安を持ち始めているのだと思う。



 難しい舵取りは今日始まったばかりだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党、鳩山内閣発足 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる