税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 投票所の時間を繰り上げる投票所3割に

<<   作成日時 : 2009/08/26 17:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 30日の総選挙の投票の終了時刻を、本来の午後8時よりも早める投票所が3割に及ぶことが、総務省の25日の発表でわかった。その理由について、自治体側は「期日前投票が浸透してきたことに加え、職員の超過勤務を減らせる」(岩手県大船渡市)などと説明するが、有権者の投票の機会を奪うとの指摘もある。

 発表によると、早めるのは全国5万978カ所の投票所のうち1万5414カ所(30%)。24%だった05年の前回総選挙よりも広がっていた。投票開始を本来の午前7時より遅くする投票所も113カ所(0.2%)あった。

 終了時刻を早める投票所の割合を都道府県別に見ると、高かったのは鹿児島(91%)、秋田(89%)、高知(88%)の順。50%を超える県は13で、05年の7からほぼ倍増した。

 公職選挙法では、特別の事情があれば投票開始時刻を最大で2時間繰り上げ・繰り下げでき、終了時刻も最大で4時間繰り上げられる。
(朝日新聞より)



 現在までは多くの投票所が午後8時までと言う所が多かったが、今回の総選挙では3割にものぼる投票所が繰り上げを決めたそうだ。


 これ事態がどうこうと言う事はないであろうが、確かに財政負担の問題や地域の特性もあるのであろう。


 ただ、場所によっては8時前に投票所が締め切られる所もある事に十分に留意してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
投票所の時間を繰り上げる投票所3割に 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる