税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 族議員のなりふり構わぬ姿勢?(何だろうこの構図)

<<   作成日時 : 2009/07/15 11:13   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 自らの権益にしがみつく族議員、その顔色をうかがう官僚、振り回される業界。「日本鶏卵生産者協会」の生産者大会が昨年2月、農林水産省幹部によって再三の中止要請を受けた問題は、そんな3者の、いかにも古めかしい構図を浮かび上がらせる。

 事の発端は「誤解」からだった。

 大会の1週間前にあたる昨年2月6日午前。自民党本部で畜産・酪農対策小委員会が開かれていた。

 「養鶏の団体が開く大会に野党議員だけが呼ばれる」。中堅議員が指摘した。「それは問題だ」。批判は農水省幹部にも向けられた。

 これを受け、農水省の課長補佐は協会に対し、出席要請している議員を照会した。協会から送られてきた名簿には、自民や民主など議員数十人の氏名が羅列されており、大会への出席依頼者の氏名の横には丸印が付けられていた。自民4人、民主3人、国民新1人。農水幹部は複数の自民党議員に名簿を見せ、「自民党議員も招待されている」と党側の誤解を解こうとしたという。

 しかし、これが火に油を注ぐ結果に。羅列されている議員名は、大会後に協会から個別に協力を依頼する要請先の名簿だったが、これがまだ作成過程のものだったため、自民党議員の要請先が未完成で、民主党議員よりはるかに少ない数だったという。自民党議員からは「与党を軽く見ている」などとさらなる批判が出て収拾がつかなくなった。

 自民の怒りを受けて農水幹部は一転、大会中止要請へとかじを切った。協会幹部は党の畜産振興議員連盟会長の谷津義男元農水相や同じ農水族の西川公也議員を訪ねるなど理解を求めて奔走した。

 農水省からの度重なる要請を退けて開催した大会から1週間後の19日。自民の怒りは鎮まっていなかった。

 自民党本部で開かれた畜産振興議連の会合。協会から数人の幹部が出席した。

 各畜産団体からの要請が一通り読み上げられたあと、突然、関西選出の議員が発言した。

 「養鶏の協会は先日の大会で民主党議員に出席要請した。利敵行為で許し難い」。非難は続く。「民主党にお願いしている団体がこの場にいるのはけしからん」「大会の招待状が一部の議員にしか出ていない」。若手の議員からも次々と罵声(ばせい)が上がった。「会長、事務局長の監督がなっていない。何とかしろ」。議連幹部の責任を追及する声まであがり、協会幹部は退出を余儀なくされた。

 その後も、協会幹部は自民党議員との関係修復に向けて動き、畜産振興議連に「政権与党を機軸とする農政活動の姿勢にはいささかも変更はありません」とする文書を提出(会長の谷津氏は受け取りを否定)。大物議員から「事態収拾のために各地で自民党の先生を応援するなど、早めに具体的行動を起こすべきだ」との忠告も受けたという。

 大会の中止要請について、谷津氏は「農水省にそんなことを言うわけがない。もし、農水省が団体に大会中止を迫ったとしたら、とんでもないことだ」と話す。
(朝日新聞より)



 なんだろう?


 どうしてこの時期にこんな事をしたのだろうか。


 訝しいだけでなく、農水省が自民党を切り始めたのかな?


 こんな事をすれば国民感情に悪影響しか及ぼさないだろうに、いかにも政官業は現政権かで癒着していますと言っているようなものではないか。


 なりふり構っていられない自民党の状態は分かるが、それを慮るに農水省は暑さでやられてしまったのだろうか?

 政権が取られそうになって、ようやく威張れなくなる前に脅してやれと言う事だったのだろうか?


 この大会がどの位畜産農家に意味のあるものなのかは分からないが、今回の騒動、自民党の第2弾自爆・・なのだろうか?

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 靴
族議員のなりふり構わぬ姿勢?(何だろうこの構図) 税務の片隅で。/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 靴
2013/07/03 17:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
族議員のなりふり構わぬ姿勢?(何だろうこの構図) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる