税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 都知事の支持率52%

<<   作成日時 : 2009/07/07 12:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 12日投開票の東京都議選に関連して朝日新聞社が4、5日、都内の有権者を対象に行った世論調査で、就任10年を迎えた石原慎太郎知事の支持率は52%、不支持率は34%。新銀行東京への追加出資が議論されていた昨年3月の支持率47%よりもやや上昇したが、05年6月の支持率61%よりは下がっている。

 都が招致を目指している2016年夏の東京五輪に、「賛成」と答えた人は55%で、「反対」と答えた人の37%を上回った。昨年3月の調査では、賛成が52%で、今回はやや上昇した。

 賛成の理由の内訳は、「経済効果や都市整備が期待できる」が57%、「世界レベルの競技が間近に見られる」が24%、「東京を世界にアピールできる」が16%。一方、反対の理由の内訳は「都の財政に負担になる」61%、「オリンピックに魅力を感じない」17%、「テロなど治安面に不安がある」が15%だった。


 昨年3月に約1千億円の累積赤字を抱え、都が400億円を追加出資した「新銀行東京」については、「清算するほうがよい」が71%で、「経営再建を図るほうがよい」の16%を大幅に上回った。築地市場移転は、反対が61%で、賛成の22%を上回った。
(朝日新聞より)


 これは結構高い方なのではと思うのだが・・・・。


 麻生首相などは羨ましいのでは・・・。


 全ての政策が全ての人に合致するのは難しい。


 それにさすがに3期で引退するだろう。


 新銀行東京の問題は確かにかなり拙かった。


 理念は分からない訳ではないが、やはり武士の生兵法の謗りは免れない。


 築地の問題も私には受け入れられないが、それを支持する人もいるだろう。


 これはオリンピック問題でもおなじだ。


 本来はオリンピック招致には反対だった。


 しかし、財政問題は確かに気になるが、現在の経済状態を考えれば景気起爆の一つの要因にはなるのかもしれない。


 採算はよく考えなければならない。


 52%を殊更なげく必要はまったくないのであろう。


 都知事の政策の半分くらいしか賛同できない(教育問題など賛同できない問題があるにせよ)が、それでもことさら支持率が下がったと書きたてるほどの事もない気がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都知事の支持率52% 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる