税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党がマニュフェストを発表

<<   作成日時 : 2009/07/28 11:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 民主党の鳩山代表は27日、東京都内で記者会見し、衆院選マニフェスト(政権公約)を発表した。主要政策の実行時期と予算額を示す「工程表」を初めて明記。「生活不安の解消」を掲げ、来年度分として、子ども手当の半額支給(月1万3千円)や高校無償化など総額7.1兆円規模を盛り込んだ。一方、消費増税には言及しておらず、同党が主張する予算の組み替えや「無駄遣いの根絶」だけで財源を賄えるか論争が活発になりそうだ。

 民主党はこのマニフェストを「予算編成の基本方針」と位置づける。政権交代すれば、政府が決めた10年度予算の概算要求基準(シーリング)を見直し、マニフェストの内容を反映させる方針だ。

 鳩山氏は会見で、政権交代で自身が首相になって政権公約が実現できなかった場合には「政治家としての責任をとる」と明言した。

 工程表では、生活関連の八つの主要政策の実現の手順を明示。10〜13年度の各年度ごとに所要額の内訳も示した。多くは段階的に実施し、約束通りの規模で行う13年度には16.8兆円と見積もった。

 10年度から実施する項目には、ガソリン税などの暫定税率廃止、雇用対策なども挙げた。高速道路無料化、医師不足解消対策は10年度から段階的に実施。農業者戸別所得補償、子ども手当の全額支給は11年度からの実施となった。

 年金制度改革は、10年度から2年間を年金記録問題解決に向け国家プロジェクトとして取り組む「集中対応期間」とし、最低保障部分に消費税を充当して年金制度を一元化する制度設計への着手は12年度に先送り。13年度中に法案を成立させる方針だが、実施は5年目以降となる。

 これらの財源として、一般会計・特別会計の総支出206.5兆円のうち70兆円を対象に「全面組み替え」を実行するとした。八ツ場・川辺川両ダム中止、天下り先法人の廃止、補助金改革などで9.1兆円の無駄をなくすとしたほか、「埋蔵金」4.3兆円の活用や、子ども手当導入に伴う所得税の控除見直しなどによる増税分を当て込んだ。

 一方、消費税増税については、鳩山氏は27日の記者会見で、かつて「議論の必要もない」と語ったことを「訂正したい」として議論の必要性は認めたが、「4年間は増税の必要はない」と改めて強調。直嶋正行政調会長は財源として「赤字国債発行はありうる」と明言しており、財源を確保できるかどうかについて、不透明な部分が残る。

 マニフェスト実現に向けた政権運営の構想では、政治主導の実現に向け、政府への国会議員約100人の配置や、閣議の案件を決める事務次官会議の廃止を明記。少人数の閣僚で政策を固める「閣僚委員会」や、予算の骨格を決める首相直属の「国家戦略局」、行政の無駄や不正をチェックする「行政刷新会議」の設置を盛り込んだ。

 外交分野では、冒頭に「緊密で対等な日米関係」と掲げ、日米同盟重視を強調。日米地位協定は「改定を提起」との表現に弱め、「現実路線」(幹部)を鮮明にした。憲法改正には踏み込まず、国民に「自由闊達(かったつ)な議論」を呼びかけるにとどめた。(松田京平)
(朝日新聞より)



 政治に求められているのは課税の公平さ、司法の中立性、憲法の遵守、将来へのビジョン・・・。


 多岐に渡っている。


 安全・安心な社会の構築は欠かす事のできない点であろう。


 当然、そこには活発な経済活動が必要であろうし、年金問題などを象徴するように制度的な疲労と言うべきか元から欠陥だらけだったと言うべきか・・・・。


 高度成長の望めない社会をどう構築するのかを真剣に議論し実践していかなければならない。


 また、国民と約束する以上、実行可能なプランでなければ意味が無い。


 理念と実践に乖離があるのは仕方がないが、マニュフェストである以上、それを実行していく事が求められる。


 そして、もし、民主党政権が出来たのであれば、この次の総選挙の時には今回のマニュフェストがどの位達成できたのかも明記するべきであろう。


 その点で、現在の与党にはその点での評価を自己分析したものをマニュフェストに付記してもらいたいものだ。


 選挙前に国民は総括しておく必要がある。


 と同時に今回の衆院選でのマニュフェストを吟味する事も必要になる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
民主党のマニフェスト、正直な所、絵に描いた餅ではないかと思えます。
金に関することが多く、金をやるから票をくれと言っているようにも見えて、大局観が感じられません。
埋蔵金を活用するなどとも言っているようですが、あるかどうかもよくわからないのに?
桃源児
2009/07/28 11:04
 桃源児さん、コメントありがとうございます。
 これは全ての政党に言える事なのでしょうが、まだ、理想を書いているだけと思えるようなものが多い気がします。
 もちろん、どの政党も政権がなければそれこそ絵に描いた餅なのでしょう。
 だからこそ、こうしたマニュフェストを覚えておかなければならないのだと思います。
 今回の次の選挙の時に今回の勝者が国民に何を約束したのかを、だからこそ、国民は与党である自民党と公明党の前回のマニュフェストを見返す必要があるのだと思います。
 
すかんく
2009/07/29 17:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党がマニュフェストを発表 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる