税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS GMが破産申請!

<<   作成日時 : 2009/06/02 11:08   >>

トラックバック 1 / コメント 2

 【ニューヨーク=山川一基、丸石伸一】経営危機に陥っていた米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は1日午前(日本時間同日夜)、日本の民事再生法にあたる米連邦破産法11条の適用をニューヨーク連邦破産裁判所に申請し、経営破綻(はたん)した。法的管理を経て、米国の新車市場の縮小に合わせてリストラを加速、再生のカギとみる環境車に力を注ぐ。GMは「60〜90日で新生GMとして再生する」と表明した。

 3月末時点でGMの負債総額は1728億ドル(約16兆4千億円)、資産規模は822億ドル(約7兆8千億円)。米破綻企業の資産規模としてはリーマン・ブラザーズ、ワシントン・ミューチュアル(いずれも08年)、ワールドコム(02年)に次ぐ。破産法申請にともない、GMはニューヨーク証券取引所の上場が廃止されることが1日決まった。

 オバマ大統領は1日昼(日本時間2日未明)に演説し、「際限なく税金をつぎ込むことはできなかった」と再建の過程でGMの破産法申請を容認した背景を説明。さらに、「国有化」する理由について「GMは実行可能な再建策を策定した。実現にはかなりの額の資金が必要でそれを提供できるのは政府だけだった」と語った。

 ケント・クレサGM会長は同日、「多大な努力にもかかわらず、この方法が必要になったことを残念に思う」とのコメントを発表した。ただ、北米以外の事業は今回の破産法申請の対象に含まれない。

 GMによると、裁判所の管理下で優良資産を受け継ぐ「新GM」と、不採算事業などを引き継ぐ「旧GM」に分離。

 全社員が新GMに移る。4月時点で北米の全従業員6万900人を10年末までに4万人に減らすとしていたが、北米の事務系従業員は現在の3万5100人から09年末までに約2割にあたる7900人削減する。生産拠点は08年末の47から10年末に34、さらに12年に33と、約3割削減する。

 UAWは新GMに役員を1人送り込む権利を得た。加えてUAWからの要請を受け、新GMは米国内での生産比率を現在の66%から70%に上げることも約束した。

 さらに米政府の新燃費規制に見合うようにすることを約束し、プラグイン電気自動車「シボレー・ボルト」は予定通り10年に発売。12年までに14種のハイブリッド車を投入する。これとは別に14年までに生産する自動車の65%を、植物から作ったバイオエタノールとガソリンの両方を燃料として使えるフレックス燃料車にする。

 一方、4月末に米連邦破産法11条の適用を申請したクライスラーは1日、同社の資産を2分割し、優良資産を「新クライスラー」に引き継ぐことを米連邦破産裁判所が承認したと発表した。これで再建手続きをほぼ終え、近く破産法下から脱却する見通しになった。
(朝日新聞より)



 マンモスが倒れた。


 GMの破産は避けられない事態であることは市場を含めた全ての人にとって織り込み済みの出来事だったとは言えやはり驚きは隠せない。


 100年にも及ぶ歴史を持つ企業の倒産がしかも、16兆円以上の負債を抱えての倒産・・・。


 日本にも影響を及ぼす事は避けられない。


 部品供給メーカーは当然、直接・間接を問わずに影響は多大だ。


 そして、このマンモス企業は新自由主義をつい最近まで推奨し続けてきたアメリカで国有企業として復活を目指す事になる。


 負債を整理したとして、何処までGMが復活するかは疑問だと言う声もある。


 この国のなりふり構わない姿勢は凄まじいものがある。


 これから、日系企業にとっては色々な意味で正念場を迎える時が来る。


 開発競争はもちろん、それ以外のファクターでも企業・政府は身構えておく必要がある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
世界の王者GMついに破産法申請  驕れるものは久しからず。
祇園精舎の鐘の声  ...続きを見る
自分なりの判断のご紹介
2009/06/03 15:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
■米GM、連邦破産法11条適用を申請―ドラッカーの教えに背いたGMの運命はすでに数十年前から定まっていた?
http://yutakarlson.blogspot.com/2009/06/11gm.html
こんにちは。GMの破綻に関して、最近いろいろと報道されていますが、私はその根はすでに60年以上も前からあったのだと思います。一言で言ってしまえば「おごり高ぶり」です。まさにGMは、、「おごり高ぶり」は、人であっても、企業であってもその成長を阻む最大の要因であることを示す格好の事例になってしまったと思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
yutakarlson
2009/06/02 11:22
 yutakarlsonさん、コメントありがとうございます。
 時代を掴めない体質になっていたのも事実でしょうし、経営者も従業員も含めて大企業病に悩まされていたのでしょう。
 何か一つ、問題点があったと言うのではなく、今までの積み重ねがGMを蝕んでいたのだと思います。
すかんく
2009/06/02 12:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
GMが破産申請! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる