税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 本読む親の子優秀!

<<   作成日時 : 2009/05/27 11:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 「成績上位の子どもの保護者は本をよく読む」「下位の子の親が好むのはテレビのワイドショー」。お茶の水女子大とベネッセ教育研究開発センターが共同で調査したところ、親をハッとさせるこんな結果が出た。保護者の普段の行動と子どもの学力には強い関係性があるという。

画像


 調査は07年11月〜08年2月、各地の5年生2952人と保護者2744人に実施。子どもにはベネッセのテストを解いてもらい、保護者には普段の行動などを選択肢から選んでもらった。

 国語の成績をみると、上位4分の1の最上位層の保護者の70.6%が「本(漫画や雑誌を除く)を読む」と答えたのに対し、下から4分の1の最下位層は56.9%にとどまり、13.7ポイントの差があった。最上位層では「家には本(漫画や雑誌を除く)がたくさんある」という回答も72.6%あり、最下位層より24.6ポイント高い。「子どもが小さいころ、絵本の読み聞かせをした」も80.9%で、17.9ポイント高かった。

 一方、最下位層の親に多いのは「テレビのワイドショーやバラエティー番組をよく見る」「カラオケに行く」など。

 しかし、成績下位の子の親が子どもの学習に無関心というわけではない。「ほとんど毎日、子どもに『勉強しなさい』という」という答えは56.9%と、最上位層より5.7ポイント高かった。調査チームは、子どもの成績が思わしくないために小言を言いがちになるのでは、とみている。(中村真理子)
(朝日新聞より)


 親になるのも楽じゃないと言う事だろうか。


 自分自身を振り返ると、さほど本を読まなくなっている事に気付く。


 一応、子供に絵本を読み聞かせは出来る限りしようとは頑張っているが、自分の仕事の本や資料を読む事が優先になっているのが現状だ。


 妻などはそれでも頑張って読み聞かせや図書館での読み聞かせに連れて行っていた。


 本を読む事、調べる事などは学力をつける基礎であることは間違いないのであろうが、それを続けることが中々難しい。


 良い親でありたいとは思うのだが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本読む親の子優秀! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる