税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 広がる新型インフルエンザ(感染確認者173名になる)

<<   作成日時 : 2009/05/19 14:13   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 新型の豚インフルエンザへの感染確認は、19日午前11時現在で173人(成田空港の検疫で判明した4人を含む)に増えた。1歳の女児が新たに神戸市で確認され、最年少となった。感染の有無を調べる各自治体の衛生研究所などには、疑いのある検体がなお次々と持ち込まれており、感染者数はさらに増えそうだ。

 19日に新たに確認されたのは神戸市が発表した10人。これで、兵庫県103人、大阪府70人となった。神戸市によると、1歳の女児は16日夜に38.9度の熱があり、17日に発熱外来を受診した後、遺伝子検査(PCR検査)を受けた。18日に治療薬のタミフルを服用して熱が下がり快方に向かっており、自宅で療養しているという。母親もPCR検査を受けたが陰性だった。

 大阪府保健医療室によると、府内市町村からウイルスの遺伝子検査のために府立公衆衛生研究所に持ち込まれる検体数は、独自に保健所を設置・運営している大阪、堺、東大阪、高槻の4市分を除くと、16日14件、17日29件、18日48件と増えている。同研究所が1日で検査できるのは最大約300。府の担当者は「渡航歴のない子どもたちが集団感染していたことが大きい。少しでも不安を感じている人が発熱相談センターに電話し、保健所から検体が届くケースが増えている」とみている。

 神戸市環境保健研究所は19日朝までに260の検体を調べ終えたが、なお持ち込みが増えており、現在1台の検査機をさらに2台増やす予定という。

 また、中学と高校生にインフルエンザの疑いがあれば簡易検査を勧めることを決めた奈良県では、学校医の問診で感染の疑いがあるとされた生徒が19日朝から相次いで県内の発熱外来を訪れ、診察を受け始めた。

 一方、神戸市内の3病院に入院している感染者のうち新たに8人が退院した。退院者は同市で計19人になった。
(朝日新聞より)



 兵庫・大阪と拡大を始めた新型インフルエンザが流行と呼ばれる日は近い感じになってきた。


 水際で何とか食い止めようとしていたようだが、完全に食い止める事には失敗してしまった。


 他国では隣接するアメリカは別として、少し拡大の進行が早いように感じる。


 と同時に高校生などの若年層に多くの患者がいるのも気になる所だ。


 兵庫・大阪の多くの公立学校が学校閉鎖に追い込まれている。


 ただ、新型とはいえ鳥インフルエンザと違い、今の所死者を多く出す未知の病気と言うわけではない。


 手洗いやうがいなどの予防的処置は当然かもしれないが、差ほど大仰に構える必要もないのかも知れない。


 もちろん、あまり無頓着なのも困るがあまりにも過剰に大騒ぎする必要もないようだ。


 そのさじ加減は難しいのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サージカルマスク
サージカルマスクの情報を随時更新しています。豚インフルエンザ対策として、これから品薄の可能性のあるサージカルマスク、種類が多く最近では白十字者やドクターサチ、ユニチャーム、3M社などが代表して通販などで売れているようです。実際のところどのサージカルマスクがいいのか?子供用や女性用などその社名別で特徴を掲載しています。 ...続きを見る
サージカルマスク
2009/05/19 16:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広がる新型インフルエンザ(感染確認者173名になる) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる