税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮がミサイル発射!

<<   作成日時 : 2009/04/06 13:22   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 北朝鮮は5日午前11時半ごろ、長距離弾道ミサイル「テポドン2」の改良型と見られる機体を発射した。北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)と米北方軍司令部は、1段目のブースター(推進装置)は日本海に、残りは先端部も含め太平洋に落下したと発表した。日本政府は日本の領域に落下する恐れはないと判断し迎撃はしなかった。国連安全保障理事会は日本時間6日未明に緊急会合を開き対応を協議する。

 24時間体制で宇宙の衛星の状況やミサイルなどによる北米への攻撃を監視しているNORADは5日の発表で、北朝鮮が発射したのは「テポドン2」としたうえで「何も衛星軌道にのせられなかった」と指摘。北朝鮮が主張するロケットによる人工衛星の打ち上げは失敗だったと明らかにした。日本政府も米国政府から同様の情報を伝えられた。

 韓国の李相憙(イ・サンヒ)国防相も5日、国会で「どんな物体も軌道に進入しなかった。人工衛星の発射を試みたが軌道進入に失敗したとみている」と述べた。ロケットもミサイルも基本構造は変わらず、日米韓3カ国などは「弾道ミサイル」の発射として批判を強めている。

 防衛省の中央指揮所は午前11時31分ごろ、米国の早期警戒衛星による発射情報を確認。日本政府は同32分、「北朝鮮から飛翔(ひしょう)体が発射された」と発表した。政府の推定では、同37分ごろ、日本の領空のさらに上を太平洋上へ通過、ブースターの1段目は秋田県の西約280キロ、おおむね北朝鮮が事前通告した危険区域内の日本海に落下した。

 2段目について、政府は一時、北朝鮮が事前通告した危険区域の約900キロ手前に当たる、日本の東1270キロの太平洋上に落下するとの予測を発表したが、確認はできなかった。日本の東約2100キロの太平洋上まで追尾したが、レーダーの捕捉範囲の限界を超えたため、11時48分ごろ追尾をやめた。

 政府は万が一の打ち上げ失敗に備え、自衛隊法に基づく「弾道ミサイル破壊措置命令」を初めて発令、地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)などを配備したが、日本への落下物はなかった。
(朝日新聞より)



 昨日の午前11時30分頃に北朝鮮がミサイル実験を強行した。


 メディアはこぞって報道特集を組む念の入れようだった。


 正直に言って、関心を示せば示すほど頭に上る出来の悪い子供と言うのが北朝鮮と言う国のような気がする。


 何と書いてよいのか分からないが、同じことの繰り返しで、一歩も前を向く気配がない。


 この際だから、干上がるまでほっておけば良いのではないか。


 どうしても飢えればさすがに北朝鮮の国民もこのままでは死んでしまうと言う危機感を持たせた方が彼らの将来のためにもなるのではないかと言う気がしてくる。


 下手に援助するから付け上がるのではないか。


 さすがの中国やロシアでも2国だけで彼らを食べさせ続けるのは大変だと言うことに気がつくのではないか。


 海上をある程度封鎖して、後は知らん顔しているのが一番得策と思えてくる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今日の論点!ブログ意見集: 北朝鮮テポドン2号は人工衛星? by Good↑or Bad↓
「北朝鮮テポドン2号は人工衛星?」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
今日の論点!by 毎日jp & Blog...
2009/04/06 17:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮がミサイル発射! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる