税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 汚職事件起訴の市長が拘置所から解散権行使

<<   作成日時 : 2009/04/03 14:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 愛知県西尾市の土地利用を巡る汚職事件で受託収賄罪で起訴され、同市議会から不信任決議を受けていた同市長、中村晃毅被告(71)が3日、議会解散を決めた。


 拘置中の首長が議会を解散するのは、全国的にも極めて異例で、名古屋拘置所に拘置中の中村被告に接見した弁護士が、解散を通知する文書を受け取り、岡田隆司議長に渡した。

 市議会選挙(定数24)は、解散から40日以内に実施されるが、4月26日告示、5月3日投票の可能性が高い。選挙後の市議会で不信任が過半数で可決されれば、中村被告は市長の職を失うことになる。

 中村被告は、起訴後も「自分は潔白だ。辞職すれば罪を認めたことになる。議会が不信任をすれば解散する」と主張していたが、市議会は、「市長の長期不在で市政が混乱。政治的、道義的責任を問う」として、3月24日に20対3で不信任決議を可決した。

 可決後、岡田議長らが拘置所の中村被告に接見し、「議会解散になれば、さらに市政や議会が混乱する。辞職をしてもらいたい」と説得をしたが、中村被告は解散に踏み切った。

(2009年4月3日読売新聞)



 有言実行と言えなくもないが、少し驚いた。


 余程、自分は潔白だと信じていなければ出来ない行為だろう。


 もちろん、起訴されたら直ぐに黒と言うわけではないから、こういう事態もありなのかも知れない。


 やはり、選挙は大切であり、選ぶ人をきちんと見る目を養いたいものだ。


 もちろん、白の可能性もない訳ではない。


 被告の市長が言うように賄賂性はないのかも知れないが、ここまで強気な人はあまりいないのではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
汚職事件起訴の市長が拘置所から解散権行使 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる