税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 銚子市長リコールで失職

<<   作成日時 : 2009/03/30 17:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 千葉県銚子市の市立総合病院休止を決めた岡野俊昭市長(63)の解職請求(リコール)に基づく住民投票が29日行われ、開票の結果、解職賛成が有効投票の過半数を上回り、岡野市長は即日失職した。


 地域医療の中核となる同病院への財政支援を断念した市長に、市民はノーを突きつけた。総務省によると、公立病院経営を巡って首長のリコールが成立するのは異例。50日以内に出直し選挙が行われる。

 賛成は2万0958票、反対は1万1590票。投票率は56・32%だった。

 岡野市長は2006年7月、同病院の存続を訴えて初当選したが、医師不足などで経営難に陥った病院への追加支援は不可能として、昨年7月、休止を表明。公設民営による再開を目指している。

 これに対し、「『何とかしよう銚子市政』市民の会」が、「公約を破り、病院休止を短期間に強行した」として解職請求した。茂木薫代表は午後9時半すぎ、記者会見し、「市民が病院再開を望んでいることが明らかになった」と話した。岡野市長は読売新聞の取材に、「説明が十分に伝わらず残念。市民の判断は重い。出直し市長選出馬は支持者と相談して決めたい」と述べた。

(2009年3月30日01時47分 読売新聞)


 今回、リコールを突きつけられたのは岡野前銚子市長。


 前回の選挙の時に公約の1つに今回問題になった市立病院の存続を訴えていたそうだ。


 ただ、医師不足や財政難を理由に市立病院の廃止を決定し今回の騒動になった。


 銚子市民はたとえ負担が増えたとしても市民病院の存続を望むと言うことを決断したのかも知れない。


 街づくりを市民自体が真剣に考える姿勢は素晴らしいと思う。


 それに、公約として掲げた訳だから不断の決意で説明する責任は市長にあるのだろう。


 ただ、病院を存続したいと言う思いだけでは財政にかなりの負担をかけ続ける事は間違いないのだろう。


 銚子市民の決断が良い方向に向かうのを祈るだけである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
銚子市長リコールで失職 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる