税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮ミサイルの写真を公開(米民間軍事研究機関グローバルセキュリティー)

<<   作成日時 : 2009/03/30 13:35   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 【ワシントン=鵜飼啓】米民間軍事研究機関グローバルセキュリティーは29日、デジタルグローブ社が撮影した北朝鮮舞水端里(ムスダンリ)のミサイル基地の衛星写真を公開、2段式の「テポドン2」を改良したと見られる3段式の機体が設置されていることを確認した。

画像


 写真は現地時間の29日に撮影されたもので、白い機体が3段に分かれていることが判別できる。影の部分では発射台と機体の間のすき間も見える。グローバルセキュリティーは「写真からはテポドン型の弾道ミサイルなのか、人工衛星打ち上げに使う発射体なのか判別することはできない」としている。
(朝日新聞より)



 ミサイル?ロケット?どちらの名前を使うかは別にして、4月に入れば発射することが確実なようだ。


 ロケットを打ち上げると言われれば、それまでなのだろうが他国の領海や領土に落ちる可能性が本当にないのか正直彼らの技術力に不安がある人が多いのではないか。


 兵器を付ければミサイルだろうし、衛星が付けばロケット・・・・。


 この国(北朝鮮)は本当に理解に苦しむ・・・。


 多くの人が貧困に喘ぎ、餓死者を多く出す一方で、ミサイル開発や核武装・・・・。


 何がしたいのか、何をするべきなのか、為政者としての覚悟や矜持すら持っているようには見えない。


 本当に・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
北朝鮮の3段式発射体を確認、改良型テポドン2の真相とはこれだ!
アメリカの商業衛星企業「デジタルグローブ」が、北朝鮮・舞水端里(ムスダンリ)のミサイル発射施設をとらえた最新の衛星写真を公表したというべ。 北朝鮮の子供たち3段式の発射体が発射台上に設置された状況がくっきりと写ってんべぇようだべ。 北朝鮮の発射準備に向けた動きが伝えられてから、公開された写真でミサイル本体が確認されたのは初めてだというべ。 北朝鮮の写真を分析したアメリカの軍事研究機関「グローバル・セキ... ...続きを見る
このニュースの裏は知りたくない
2009/03/30 20:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮ミサイルの写真を公開(米民間軍事研究機関グローバルセキュリティー) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる