税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 畠山鈴香被告、再び無期懲役(検察・弁護側双方に控訴棄却)

<<   作成日時 : 2009/03/25 11:40   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 秋田県藤里町の連続児童殺害事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた同町、無職畠山鈴香被告(36)の控訴審判決公判が25日、仙台高裁秋田支部で始まった。

 竹花俊徳裁判長は、無期懲役とした1審・秋田地裁判決を支持し、検察、弁護側双方の控訴を棄却した。控訴審では検察側が死刑を、弁護側が有期の懲役刑を求めていた。

 長女の小学4年彩香さん(当時9歳)の殺害について、竹花裁判長は「強い口調で極めて危険な欄干に上らせ、腰を支えるのを手伝った。振り返った彩香さんを押し返すのには相当な力が必要だった」と述べ、1審通りに殺意があったことを認めた。

 また、畠山被告と彩香さんの親子関係については、「(畠山被告の)母親に世話を任せきりで、彩香さんとの接触に嫌悪感を抱き、彩香さんが足かせとなり、就職できなかった」とした。

 控訴審で検察側は、畠山被告が以前から死を願うほど彩香さんを疎ましく思っていた点を改めて強調し、「殺意は確定的」と主張。弁護側は、「親子関係は良好で、抱きつこうとした彩香さんを反射的に振り払った」と過失致死罪の適用をを求めた。

 畠山被告は1審で、彩香さんについて「抱きつかれそうになったのではねのけた」、豪憲君の殺害については「(彩香さんの)喪失感から突発的に犯行に及んだ」などと話した。しかし、控訴審では「彩香のことは頭にかすみがかかっているような状態。豪憲君のことは1本のビデオテープをぶちぶち切ったような感じ」と述べ、証言を大きく後退させていた。

 検察側は「真の動機が認定されるのを恐れ、思い出せないことにした」とし、弁護側は「両事件に向き合おうとしているが、現在も健忘が生じ、記憶を回復できない」と反論していた。

 1審判決は、「確信的に反省を拒んでいるわけではない」としたほか、「これまで矯正教育を受けたことはなく、教育による改善の可能性が無いとはいえない」と指摘し、情状面を最大限考慮した。

(2009年3月25日読売新聞)



 親子とは何なのか、本当に考えさせられる。


 なぜ、わが子をという思いがフツフツとわいて来る。


 精神状態?


 どんな・・・・。


 この判決が妥当なのかは判らないが、1審・2審と無期懲役の判決が出た事になる。


 また、豪憲君の殺害の動機も依然として釈然としないし、そこに到る過程もどうにも腑に落ちない。


 何だかモヤモヤしたものだけが残るなか、2審が下された格好だが、被告本人しか判りえない事なのかも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
畠山鈴香被告2審も無期
捜査段階,公判の過程で数々の奇行を見せていた鈴香被告, 先週の『報道特集』でも取り上げていましたけど, 彼女の精神状態はかなり深刻なものがありそうです。 ...続きを見る
D.D.のたわごと
2009/03/25 22:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
畠山鈴香被告、再び無期懲役(検察・弁護側双方に控訴棄却) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる