税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS WBC日本代表、アメリカを撃破(決勝へ進出)

<<   作成日時 : 2009/03/23 13:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝(日本9−4米国、22日=日本時間23日、米・ロサンゼルス、ドジャースタジアム)1組1位の日本代表は9−4で2組2位の米国代表を破り決勝進出を決めた。日本は23日(同24日午前10時)に韓国と世界一を懸けて対戦する。

 日本の先発、松坂大輔(レッドソックス)は一回に先頭打者本塁打、三回にも二死から得点を許したが、要所を抑え4回2/3を98球、4安打3三振2失点。

 米国の先発は昨年17勝を挙げたロイ・オズワルト(アストロズ)。日本は1点をリードされた四回に稲葉篤紀(日本ハム)、小笠原道大(巨人)の連打後に、福留孝介(カブス)の痛烈な打球が二塁手ロバーツのエラーを誘い同点に追いつくと、城島健司(マリナーズ)のこの試合2本目の犠飛で逆転。さらに岩村明憲(レイズ)、川崎宗則(ソフトバンク)、中島裕之(西武)の適時打で、この回一気に5点を挙げ、好投手オズワルトをノックアウトした。

 九回には二死三塁から川崎の打球を米国遊撃手ジーターが悪送球し、三塁ランナー片岡(西武)が生還、さらにイチロー(マリナーズ)、中島にこの試合2本目の適時打が生まれ3点を加えた。

 松坂をリリーフした杉内俊哉(ソフトバンク)、田中将大(楽天)、馬原孝浩(ソフトバンク)、ダルビッシュ有(日本ハム)が強打の米国の反撃をしのいで逃げ切った。
(サンスポより)
 


レッドソックスの松坂投手の先発で始まった。


 先頭打者ホームランは打たれたものの、その後の打者を打ち取り無難な立ち上がりだった。


 打撃陣も直ぐに同点とするが同点後の次の回には再度リードを許す戦いが続き嫌な予感がする中、4回に一挙5点を取りアメリカを突き放した。


 8回には、ソフトバンクの馬原が今大会初となる失点を喫したが、裏の攻撃で3点を奪い返す等、打撃陣の踏ん張りが光る試合となった。


 先制点を取られても慌てずに直ぐに追いつくなど、チームに勢いのつく勝利だった。


 2大会連続で決勝に進む結果を得たことは大きい。


 さあ、明日は因縁?の韓国戦、壮絶な試合になるかも知れないが、先発の岩隈投手に頑張ってもらう他はない。


 泣いても、笑ってもあと一試合。


 頑張れ、WBC日本代表。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WBC日本代表、アメリカを撃破(決勝へ進出) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる