税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS AIGのCEO公聴会に出席(非難と怒号が吹き荒れる)

<<   作成日時 : 2009/03/19 11:44   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 【ワシントン=西崎香、ニューヨーク=丸石伸一】米政府救済を受けている米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が米議会や政府の猛烈な批判を受けている。巨額の公的資金を受け取りながら、幹部に高額のボーナスを出し、詳細な情報開示も拒んでいるためだ。下院が18日に開いた公聴会で厳しく追及されたAIGのリディ最高経営責任者(CEO)は「(経営に)誤りがあった」と認め、経営改善に取り組むと釈明した。

 ニューヨーク州のクオモ司法長官の調査によると、AIGは13日、同社の実質破綻(はたん)の原因をつくった金融子会社の幹部らにボーナス計1億6500万ドル(約160億円)超を支給した。100万ドル(約9800万円)超の幹部は計73人。ボーナスは有能な人材の流出を防ぐ目的だったが、73人のうち11人はすでに退社している。米メディアによると、AIGは10年までに約400人に対して最大で計4億5千万ドル(約440億円)支払う予定という。

 18日の下院の金融サービス委員会小委員会の公聴会で、ボーナス支給に対する議員の怒りが爆発。AIGについて「尊大で欲張りだ」「米全土が憤慨している」「(公的)資金を取り戻さなければいけない。(政府は)訴訟を検討すべきだ」「納税者にお金を返すまで、ボーナスはなし」「AIGは破産手続きを経て、ちゃんと整理されるべきだ」などと、批判が続いた。

 米政府は、これまで4回にわたり同社に総額約1735億ドル(約17兆円)もの公的資金を投入し、実質的に同社の株式の8割を保有。経営は政府の管理下にあり、高額報酬を見逃した政府への世論の怒りがつのる。

 リディCEOは公聴会に提出した証言要旨で、ボーナス支給の一部について「不快に感じる」「私も社会の怒りを共有している」「AIGでは、不可能に近いといってもいいほどの過ちが犯された」と自ら認めた。

 同CEOは政府救済を受けて昨年就任し、ボーナス支給も含めた経営判断には関与していないといわれるが「我々は政府に返却する(公的)資金を最大化するため、基本的に米納税者に代わってAIGを運営している」と説明し、政府への負債返済を最優先させる考えを打ち出した。

 米政府・議会は支給されたボーナスを回収する方針。オバマ大統領の指示を受けたガイトナー財務長官は、高額報酬を規制した金融救済法をもとに回収する方法を検討する一方、過剰なボーナスを公的資金から差し引くことを同社と調整している。米議会は、ボーナスのほぼ全額を課税で回収する法案の採決を検討。クオモ司法長官はボーナスが誰にいくら支払われたのかを公表するよう求めている。

 今後のボーナス支給の差し止めも検討している。しかし、支給は米政府が救済する前の08年初めに決まっていたとされ、リディCEOは証言要旨で「(支給には)法的義務がある」と説明している。

 政府がAIGの支給決定を覆すために訴訟を起こせば、ボーナスの支給額を大きく上回る損害賠償請求をAIG側から受ける恐れがあり、高額の訴訟費用の負担も強いられる。支給後、全額に近い課税で回収する案が有力視されている。
(朝日新聞より)



 支給そのものを止めれば、AIGは訴訟リスクにさらされる事は間違いない。


 日本では考えられない事態だが、アメリカでは起こりうる事なのであろう。


 ボーナスも桁違いだが、その行動規範は個人主義のアメリカらしい行状だといえる。


 もちろん、労働の対価としてのボーナスなのだろうが・・・・。


 優秀な自在の流失を避けるという企業の論理はわかるが、今回の公的資金が注入されなければ、AIGの破綻は避けられなかったのではないか。


 金融不安を起こさせないという一点で、資本注入を行った政府の苦渋の選択をあざ笑うかのような経営陣の姿勢には本当に驚かされる。


 アメリカの議会が頑なに資本注入を拒んだ背景を現在目の辺りしている。


 アメリカの国民にしてみれば、本当に泣きっ面に蜂とはこの事なのだろうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 95
AIGのCEO公聴会に出席(非難と怒号が吹き荒れる) 税務の片隅で。/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 95
2013/07/10 05:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AIGのCEO公聴会に出席(非難と怒号が吹き荒れる) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる