税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日米首脳会談

<<   作成日時 : 2009/02/25 17:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 【ワシントン=津川章久、山川一基】麻生首相とオバマ米大統領は24日午前(日本時間25日未明)の初の首脳会談で、長距離弾道ミサイル発射に向けた動きをみせる北朝鮮に対し、「緊張を高める行動をとるべきではない」と強く自制を促した。両首脳は、基軸通貨としてのドルの信認の維持が重要だとの認識で一致。経済危機克服に向け、大統領は日本や中国に内需拡大を求めた。

 北朝鮮問題をめぐっては、首相が「拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的解決が重要」と強調したのに対し、大統領は「引き続き日米間で緊密に連携していくことが重要だ」と応じた。両首脳は6者協議の場で北朝鮮の検証可能で完全な非核化を実現させるため足並みをそろえていくことで一致した。

 オバマ政権が重視するアフガニスタン問題では、首相がアフガン安定に向けた支援を一層強化する方針を説明。大統領は「各国とも今まで以上の努力をする必要がある。開発、治安、インフラ等の分野で、日本が積極的役割を果たしてくれれば非常に歓迎だ」と述べた。

 首相は隣国パキスタンの問題にも取り組む重要性を指摘。アフガン・パキスタン特使に吉川元偉(もとひで)スペイン大使(元外務省中東アフリカ局長)を近く起用し、3月上旬にも緒方貞子・国際協力機構(JICA)理事長とともに訪米させ、ホルブルック特別代表らと包括的な戦略のすりあわせを行わせる考えを伝えた。日本でパキスタン支援国会合の開催を検討中であることも示した。

 景気刺激策について、大統領は「米国は一生懸命やっている」と説明し、「日本、中国という大きな経済をもっている国は、同じように内需拡大をやってもらいたい」と要請した。首相は09年度予算成立後、追加景気対策を打ち出したい考えで、米国の後押しを受けた形となった。

 米国の景気対策法に盛り込まれた国産品優先を求める「バイ・アメリカン」条項については、直接的なやりとりはなかったが、大統領は「(米国は)保護主義にはならない」と明言。保護主義への対抗が両国の重大な責務との認識で両首脳は一致した。首相が世界貿易機関(WTO)ドーハ・ラウンドの早期妥結の必要性を強調したのに対し、大統領は「開放された貿易体制の維持は非常に重要だ」と応じた。

 また、地球環境の保護と経済成長を目的とした「日米エネルギー環境技術協力」を策定することで一致。研究機関同士の協力による低炭素技術の開発、原子力発電の新規建設の促進、次世代自動車の普及拡大などについて、経済産業省と米エネルギー省が今後具体化させる。首相はまた、米国の高速鉄道導入に日本の新幹線の製造技術が有用だと指摘した。

 首相は新たな日米経済対話の枠組みを作ることを提案し合意。具体像や新設時期について、両国の事務当局間で詰めることになった。

 地球温暖化対策では、13年以降のポスト京都議定書の枠組み構築に向け、日米が緊密に連携していくことで一致。25日から日米間で実務レベルの協議を開始する。

     ◇

■日米首脳会談骨子

・日米同盟を一層強化。地球規模の課題に共に取り組む

・在日米軍再編を着実に実施

・基軸通貨ドルの信認の維持、保護主義への対抗で一致

・首相が新たな日米経済対話の枠組みを提案

・北朝鮮の検証可能な非核化の実現に協力。北朝鮮が緊張を高める行動(「衛星」打ち上げ)を取るべきではないとの認識で一致

・日本が近くアフガン・パキスタン担当特使を任命し、米側と包括的戦略を調整

・クリーンエネルギー、省エネ分野の協力に向けた協議を開始。高速鉄道分野の協力も探求

・温暖化対策の「ポスト京都」の枠組み構築に向け実務協議を開始
(朝日新聞より)



 非常に微妙な党首会談となった。


 もちろん、米国にとっても日本の政治動向は把握しているのだろうから、あまりとんでもない事にはならなかったようだ。

 
 もちろん、裏側でどの様な話がなされているのかは分からない。


 しかし、米ドルの保有高でも世界の2本指に入っているのだから、基軸通貨としての米ドルを期待しないわけには行かない。


 貿易の面でも、保護貿易が台頭して一番困るのはわが国と言う事になる。


 その点でも、「バイ・アメリカン条項」についてはもう少し突っ込んだ話があっても良かったのではないか。


 立法趣旨よりもかなり制限された感があるにせよ。


 立法趣旨そのものが、やはり保護貿易に傾きそうな部分があるのは間違いない。


 とにかく、今回の会談での一番の成果があるとするなら、国益を大きく損なうだろう事が何も起きなかった。


 その一点に尽きる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日米首脳会談 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる