税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 中川財務大臣辞任

<<   作成日時 : 2009/02/17 22:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 中川財務・金融相は17日昼、財務省で緊急に記者会見し、主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後にもうろうとした状態で記者会見し批判を招いた責任を取り、09年度予算案・関連法案の衆院通過後、辞任する意向を表明した。中川氏は16日、麻生首相から一度は続投を言い渡されたが、民主党が参院への問責決議案提出を決めるなか、国会審議への影響を避けるため、辞任はやむをえないと判断した。

 中川氏は会見に先立ち、首相にも辞意を伝えた。首相は中川氏の辞任表明で政権への打撃を最小限に食い止めたい考えだが、野党は中川氏の即時辞任を要求。応じない場合は、予定通り問責決議案を参院に提出し可決させる方針。首相の盟友で重要閣僚を務める中川氏の辞任だけに、支持率が低迷する麻生政権への打撃は大きい。野党は首相の任命責任も追及する構えで、いったんは辞任の必要がないとした首相の判断も問われそうだ。

 中川氏は緊急会見で「予算や関連法案が衆院を通過したら私自身のけじめとして、直ちに辞表を提出したい。国民の皆様や総理に多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げる」と述べた。「昨晩と今朝、病院に行ってみてもらい、かなり腰や風邪、疲労がたまっているという診断を受けた」と体調不良も辞任決断の一因との考えを示し、「病院でゆっくり休みながら仕事に傾注する」と語った。早ければ17日中にも入院する予定だ。

 中川氏は16日夜、首相官邸で首相と会談した際、続投を指示された。その後、かかりつけの病院に行き、もうろうとした状態は「風邪薬の過度の症状」にあるとして、「罷免されない限り、大事な時期なので職責を全うしたい」と述べていた。

 中川氏は17日午前の閣議後の会見でも「与えられた仕事を一生懸命やっていくだけだ」と語った。その後、衆院予算委員会と参院財政金融委員会に出席する予定をキャンセル。都内の病院で検査を受け、財務省に戻った後、緊急会見に臨んだ。

 中川氏はG7での会見時の体調について「風邪などの薬を朝昼晩飲み、量が多かった」などと説明。飲酒癖があるため飲酒が原因と疑われ、会見当日の飲酒について当初は「前の晩は飲んだが、会見の前は飲んでいない」と否定していたが、その後、G7昼食会やその後の財務省幹部らとの会合で「口をつけた程度」と答えを変更。野党から矛盾を突かれる可能性があった。

 麻生内閣の閣僚の辞任は、昨年9月の発足直後、「日教組が強いところは学力が低い」などと発言して辞めた中山国土交通相(当時)以来、2人目。
(朝日新聞より)


遅すぎる。


あまりにも馬鹿げている。


確かに、醜態だと思うが、大臣も決断が遅いが辞めさせるなら、解任でなければ何の意味もない。


これで麻生内閣は終わりだ。


辞めさせるべきだったかは分からないが、辞めさせるなら解任しなければ意味がない。


結局、守りきる能力がなかった。


ホントになんなんだろう。


早く解散しろ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中川財務大臣辞任 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる