税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS オシムを惜しむ。(6年間の旅路に幕)

<<   作成日時 : 2009/01/05 12:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 サッカーの前日本代表監督で、昨年末に日本協会アドバイザーを退任したイビチャ・オシム氏(67)が4日、自宅があるオーストリアに向けて成田空港から離日した。J1千葉の監督時代も含めて03年から過ごした日本でのサッカー生活に別れを告げた。

 空港には千葉のサポーターを中心に約300人が見送りに訪れ、日本代表の阿部(浦和)や北京五輪代表監督の反町氏らも駆けつけて別れを惜しんだ。

 オシム氏は「多くの人に見送られ、うれしい。オシムが日本にいたことを忘れていない証拠。私も日本を去りたくない」と感激した様子。「泣いたのは私の人生の中で数えるほどしかないが、今日はそのうちの1回になるかもしれない」と話した。

 脳梗塞(こうそく)から順調に回復してきたが、万全ではない。搭乗前も貧血状態になって座り込み、最後は車いすで移動した。当面はオーストリアでリハビリを続ける。
(朝日新聞より)


 本当に惜しい・・・・。


 久々の本物の監督と思っていただけに残念でたまらない。


 岡田氏が倒れた後、監督についたがそれでも何かあったら、と言う思いが私にはあった。


 (正直、どうしても岡田氏を信用できない。)


 だが、奇跡はおきない。


 オシム氏の体調はいまだに回復していないのであろう。


 本当に残念でならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オシムを惜しむ。(6年間の旅路に幕) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる