税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 与野党意地のぶつかり合い(揺れる2次補正予算)

<<   作成日時 : 2009/01/27 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 成立がずれこんでいる08年度第2次補正予算案の扱いをめぐり、河野洋平衆院議長と江田五月参院議長が27日、調停に乗り出した。これを受けて両院協議会の与野党の代表者が会談し、両院協で27日中の結論を目指すことを確認。補正予算案は同日中に成立する見通しとなった。与党は27日に施政方針演説など政府4演説を衆院単独で実施する構えをみせていたが、2次補正が成立したうえで代表質問などが円滑に行われる見通しがたてば、演説を28日に先送りして衆参両院で実施する方向だ。

 河野、江田両議長は27日午前、衆院議長公邸で協議。会談を終えた河野議長は、両院協議会に出席する衆院側幹部を呼び、同日中に結論を出すよう要請。江田議長も「協議会をしっかり開くように」と参院側幹部に求めた。

 両院協議会は27日午前、衆参両院の幹部による事前協議を行った。この日の両院協議会議長となった衆院側の衛藤征士郎衆院予算委員長(自民)は協議後、「両院協を開いて(今日中に)粛々と処理する」と記者団に語った。

 26日夜に散会した両院協議会は27日午後1時すぎに再開した。政府の2次補正案を可決した衆院と、定額給付金を切り離した修正案を可決した参院が、それぞれの立場で議論する。

 一方、河村官房長官は記者会見で、2次補正について「今日にも結論が出ると思っている」と述べた。政府高官は「せっかくの施政方針演説だ。与党だけでやるのはよくない」と語り、与野党間で円満決着がはかられるなら、政府4演説は28日に先送りすることを容認する意向を示した。

 参院は26日の本会議で、政府の2次補正案から定額給付金を削った野党修正案を可決。政府案を可決した衆院の議決と異なったため、憲法の規定に基づいて両院協が開かれた。しかし、くじびきで26日の両院協議会議長となった北沢俊美参院議員(民主)が、議論が尽くされていないとして散会を宣言し、予算の両院協が日をまたぐという異例の事態に陥っていた。

 与党はこれに対抗して27日に政府4演説を衆院単独で行う構えをみせ、与野党の対立が激化。強行されればさらに混迷を深めることになるため、衆参両院議長が調停に動いた。
(朝日新聞より)



 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」お互いに一歩も譲らない構えだ。


 予算が通っても関連法案が通らなければ予算の執行は行われない。


 政府・自民党・公明党は是が非でも定額給付金を執行したい。


 定額給付金がばら撒かれているさなかに選挙を行いたいとの意向があると言うのがもっぱらの噂だ。


 とにかく、低支持率の麻生内閣、少しでも有利な時期に選挙がしたい。


 なら、金でもばら撒いてみんなの気持ちを向かせよう。


 この制度の趣旨とはかけ離れたものになってしまった。


 もちろん、当初からそうした狙いは透けて見えていたが、最近の発言の二転三転をみれば他に理由など見当たらなくなった。


 もちろん、定額給付金が執行されたら取りに行きますよ。


 ありがたく戴きます。


 日常の生活の足しにでもします。


 でも、自公に票は入れません。


 こんなことがなくても入れませんが・・・・・。


 とにかく、一回下野しませんか自民党さん。


 絶対、あなたたち壊れてますよ。(考え方が、国民を馬鹿にしすぎです。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
与野党意地のぶつかり合い(揺れる2次補正予算) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる