税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国、初のゼロ金利政策

<<   作成日時 : 2008/12/18 12:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

 米連邦準備制度理事会(FRB)は16日の公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を年1.00%から過去最低の0.00〜0.25%に引き下げると発表した。初のゼロ金利で日本の政策金利(0.30%)を下回り、異例の「日米逆転」となった。欧州の各中央銀行も歴史的な低金利政策に踏み切っており、金融・経済危機を受けた世界的な金融緩和は新たな段階に入る。FRBの決定を受け、東京外国為替市場ではドル安円高が進行。18日から金融政策決定会合を開く日本銀行は対応を迫られそうだ。

 FRBは初のゼロ金利実施にあたり、主要政策金利のFF(フェデラルファンド)金利の指標として0.00%〜0.25%を新たに「目標圏」とし、即日実施した。下げ幅は事前の市場予想の0.50%幅を上回った。日米の政策金利が逆転するのは93年2月以来。

 金融危機から実体経済の悪化が深刻になってきた現状に対応した。ゼロ金利に続き、FRBは市場に大量の資金を供給する「量的緩和」を強める。FOMCの声明では、政府機関債や住宅ローン担保証券(MBS)などを大量に購入すると明記。景気への影響が強い長期金利を引き下げるため、長期国債の買い切りも検討するとした。実現すれば半世紀ぶりとされる。FRBの金融緩和は金利操作から資金供給増に移り、未踏の領域に入った。

 金融危機はやや和らいでいるが、米国経済は景気後退が1年前に始まっていたことが判明し、来年半ばまで続いて戦後最長となる恐れが強い。消費者物価が急落するなどデフレの様相も強まっている。

 FOMCは声明で、景気回復を促すために「すべての手段を用いる」と強調。経済を支える個人消費や企業の設備投資などが落ち込み、金融市場の混乱で貸し出し条件も厳しくなっているため、「FF金利は当分、特別に低い水準にとどまるだろう」と指摘し、ゼロ金利を長期的に続ける可能性を示した。(ワシントン=西崎香)
(朝日新聞より)



 アメリカ連邦準備制度理事会は史上初めてのゼロ金利政策に打って出た。

 
 その余波で少しでも金利が高い日本の円にその政策が直撃した感じだ。


 アメリカ連邦準備制度理事会も打てる手は全て打つと言う声明を発表している。


 日銀の政策会合が現在開かれているが、日銀としてもゼロ金利政策をする以外手はないのであろう。


 もちろん、市場はすでにその事を織り込んではいるであろうが、政策の打ち所は他にはない。


 未曾有の経済危機が一段と深刻になるかどうか、今が正念場の始まりなのだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゼロ金利政策から量的緩和政策に 米国はデフレスパイラル目前か?
オツカレです。 ...続きを見る
ハズレ社会人
2008/12/18 13:49
米、史上初のゼロ金利〜かつてない状況?〜
かつてない事態がおきつつあるんではないか、という経済ニュースが相次いでいるのだが。 銀行に預けても金利がほとんどつかない時代が、日本では長く続いているが、なんとアメリカが事実上のゼロ金利政策に踏み切った。日本より低い金利になる。秋以降の利下げは10回目で.... ...続きを見る
虎哲徒然日記
2008/12/21 11:22
各国政策金利一覧 − 2009年1月
各国政策金利一覧表 ...続きを見る
外国為替証拠金取引(FX)初心者必見情報...
2009/01/28 22:00
各国政策金利一覧 − 2009年4月
各国政策金利一覧表 ...続きを見る
外国為替証拠金取引(FX)初心者必見情報...
2009/05/06 13:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国、初のゼロ金利政策 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる