税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「比例は公明」を疑問視、古賀選対の賭け

<<   作成日時 : 2008/12/16 16:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 自民党の古賀誠選挙対策委員長は15日夜、東京都内のホテルで開かれた各派閥の事務総長らとの会合で、次期衆院選では「比例は公明党」と呼びかけることを見直し、比例区では自民党票上積みに努めるべきだとの考えを示した。

 出席者によると、古賀氏は「300の小選挙区のことばかり気を取られているが、比例区も180議席あることを忘れてはならない。180をみすみす(公明党に)渡していいのか。自民党としての政策を掲げて自分の選挙を戦わないと党が弱体化する」と述べ、選挙区、比例区とも一貫して自民党への支持を訴えるべきだと強調したという。
(朝日新聞より)



 古賀選挙対策委員長が爆弾発言を投げかけた。


 これだけの事を言い出すからには、何らかの勝算があっての事なのか、それとも最早、勝てない選挙区を見放して、独自の生き残りにかけたのか・・・・。


 真意は分からないが、最近の定額給付問題や福田政権を恫喝したと言われた事案など、不協和音は随所に見られてきた。


 自公連立政権の終わりが見え始めたのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「比例は公明」を疑問視、古賀選対の賭け 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる