税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS オバマ氏が当選する勢い

<<   作成日時 : 2008/11/05 12:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◆米大統領選 開票状況

 オバマ候補(民主)  28,225,180(207)

 マケイン候補(共和) 27,161,878(135)

(日本時間5日午後0時20分現在=CNN集計、カッコ内は獲得予測選挙人数)

 米大統領選は4日夜(日本時間5日午前)、米東部州などで投票が終了し、複数の州で開票が始まった。CNNによると、「変化」を掲げて、米史上初のアフリカ系(黒人)大統領をめざす民主党のバラク・オバマ上院議員(47)が獲得予測選挙人数で200人(過半数270)を超え、当選の勢いを示している。オバマ氏は激戦州のオハイオ、東部主要州のニューヨーク、ペンシルベニア、地元イリノイの各州のほか、首都ワシントンDCなどで勝利を確実にした。一方、共和党政権の「継続」を図るジョン・マケイン上院議員(72)は南部大票田のテキサス州などで勝利を確実にしたものの、選挙人の獲得予測人数でオバマ氏を大きく下回っている。選挙は両大統領候補が各州毎に選ばれる選挙人(総数538)の合計数で過半数の270人を目指して争う。

 今後、全米各州で順次開票が進み、早ければ同日深夜(日本時間5日昼ごろ)までに大勢が判明する見通し。

 それぞれが選挙人の獲得を確実にした州(または首都)は以下の通り。

 【オバマ氏】ペンシルベニア、イリノイ、バーモント、メーン、マサチューセッツ、コネティカット、ニュージャージー、デラウェア、メリーランド、ニューハンプシャー、ニューヨーク、ミシガン、ウィスコンシン、ミネソタ、ロードアイランド、オハイオ、ニューメキシコ、アイオワ、ワシントンDC

 【マケイン氏】サウスカロライナ、ケンタッキー、テネシー、オクラホマ、アラバマ、ノースダコタ、ワイオミング、ジョージア、ウェストバージニア、ルイジアナ、ユタ、カンザス、アーカンソー、テキサス、ミシシッピ
(朝日新聞より)


 11月5日日本時間12時30分時点でオバマ氏の優勢が伝えられている。


 勢いがそのまま出ている格好だ。


 ブラッドリー効果が叫ばれ始めていたが、見えない差別主義を押し戻すかの勢いがある様だ。


 各メディアもオバマ氏優勢を伝えているだけにアメリカにおいて初の有色人種の大統領が生まれる事になりそうだ。


 特にオハイオを制する者が大統領選を制すると言われたオハイオをオバマ氏が取ったことは大きい。


 歴史的瞬間はもう直ぐそこまで来ているのかも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オバマ氏が当選する勢い 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる