税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供の涙利用したとの発言に・・・。(行政代執行問題で)

<<   作成日時 : 2008/10/17 12:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 大阪府の橋下徹知事は17日、第2京阪道路の用地買収に応じなかった門真市の北巣本保育園の畑を行政代執行で強制収用したことについて、「政治的な主張や反対の理由はあると思うが、園の所有者は園児たちの涙を利用して阻止しようとした。一番卑劣な行為だ」と厳しく批判した。

 同保育園では今月末にイモ掘りを予定しており、園児たちが育ててきたサツマイモなどが16日の行政代執行で引き抜かれた。

 橋下知事は「4月から任意交渉はしている。最大の権力行為なので慎重にやった。最後のイベントをやったら立ち退きます、という話があれば応じた」と説明。「もしあれを認めたら、これから公の工事は家庭菜園かイベントで全部阻止になるのか。工事費や損害などを府民が持つならいいが、府民の声はそうではないと判断した」と語った。

 一方、同保育園の松本剛一理事は「代執行の反対運動に園が園児を動員した事実は一切ないし、むしろ子どもにはショックを与えたくないので、畑がなくなると知らせることも避けてきた。子どもの涙を利用したと取られるのは心外だ」と話している。16日の行政代執行では、祖母に連れられて通園途中に畑に立ち寄った園児が1人いたが、5分ほどいただけで祖母がすぐに保育園に送ったという。
(朝日新聞より)


 このニュースを聞いた時に無残な話だと思う反面、強制代執行をするまでにはある程度の話し合いはあったのだろうと言うことは想像できた。


 ただ、園児達の涙を利用したと発言した知事の政治センスには憤りを感じる。


 確かに正確な情報も分からないし、ここまで来る紆余曲折はあっただろう事は想像に難くない。


 うちの子供の保育園でも最年長クラスの子供達が半年をかけて栽培している。


 少子化対策だの教育再生だのとのたまわってきた橋下知事の底が知れる事件だと思う。


 経済合理主義が教育問題を凌駕するといういい見本だと思う。


 橋下知事の言いたい事は良く分かる。

 
 工期が遅れれば損害が発生する事は十分に理解できるが、それでも彼は教育問題や子供の育成よりも経済合理性をとったのだという自覚を持つべきであろう。


 子供の涙を利用したと声高に叫ぶ前に子供に涙を流させたと言う自覚を持つべきであろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供の涙利用したとの発言に・・・。(行政代執行問題で) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる