税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 金融恐慌に突入する勢い。

<<   作成日時 : 2008/10/10 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 10日の東京株式市場は、前日の米国市場の株価急落を受けて日経平均株価は暴落、一時は前日比1042円08銭安の8115円41銭まで下落した。9000円台を割り込むのは、03年6月以来約5年4カ月ぶり。下げ幅が1000円を超すのは「ITバブル」が崩壊した00年4月以来(終値比較)。下落率は一時11.38%に達し、1987年10月の株価大暴落「ブラックマンデー」以来、過去2番目の大きさ(同)となった。

 日経平均の午前の終値は前日比974円12銭安い8183円37銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は、75.20ポイント低い829.91。日経平均は7営業日連続の下落で、TOPIXとともに年初来安値を更新している。出来高は15億5千万株。東証1部上場の9割を超える銘柄が値下がりし、全業種が下落した。保険、銀行株は9〜10%、不動産株は9%程度の値下がりとなっている。

 午後1時時点では、日経平均は932円58銭安い8224円91銭。TOPIXは75.97ポイント低い829.14。

 取引開始直後から売り注文が殺到し、買い手がつかずに値段がつかない銘柄が続出。急激な株価下落で日経平均とTOPIXに連動する金融派生商品(デリバティブ)の「日経平均先物」「TOPIX先物」は一時取引を停止し、その後再開した。日経平均先物の取引一時停止は、米同時多発テロがあった01年9月以来で、TOPIX先物は昨年2月以来の異例の事態となった。

 また、10日の東京外国為替市場の円相場は、午前9時過ぎに一時、今年3月以来となる1ドル=97円台をつけた。これを受け、輸出関連企業の業績不安も高まり、自動車や電機なども7%以上の下落。トヨタ自動車やパナソニックなどが年初来安値を更新し、「業績に関係なくあらゆる銘柄が売り浴びせられている」(大手証券)。

 東京に続いて取引が始まったアジア新興国市場の株価指数も軒並み下落。韓国、シンガポール、豪州は一時6%以上のマイナス。中国・上海も4%以上のマイナスとなっている。インドネシア証券取引所は10日、当面の間、取引を停止すると発表した。この日、2日ぶりに再開する予定だったが、世界的に株式暴落の傾向が収まらないことから、期限を設けずに停止する方針を発表した。

 世界的な金融不安が実体経済にも波及。米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)の経営危機も表面化し、株価反転の兆しは見えない。市場では「大和生命の破綻で日本の金融システムにも不安が広がっており、まるで恐慌のような状況だ」(大手証券)との声が上がっている。
(朝日新聞より)



 悪循環のスパイラルにドップリ浸かってしまった様だ。



 パニックがパニックを呼ぶと言った勢いだとしか言いようが無い。



 売り一色で買い手がいない。



 全ての銘柄で同じような状況が起きている。



 ある意味、このパニックを納める事はなかなか難しい。



 起こってしまった事はしかたが無いが、これを取り戻すにはかなりの時間が必要なのかもしれない。



 パニックに有効な手立ては無い。



 嵐が過ぎるのを首を窄めてみているより他にない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京市場急落で日経平均9000円割れ NY市場急落受け
オツカレです。 ...続きを見る
ハズレ社会人
2008/10/10 15:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金融恐慌に突入する勢い。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる