税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 清原引退表明

<<   作成日時 : 2008/08/19 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 8月18日。清原はあえて41歳のバースデーで今季限りでの引退を表明した。

 この日の対戦相手はプロ入りから11年を過ごした古巣の西武。さらに、大阪・PL学園時代に2度の全国制覇を遂げた、思い出の夏の甲子園大会が、幕を閉じた日でもあった。自らの軌跡を振り返り、期するものがあったのだろう。「今日8月18日、一生忘れることのない1日となりました」

 昨年7月に左大腿骨(だいたいこつ)関節の軟骨移植という大手術からはい上がってきた。スポーツ界で復帰の前例はない。それでも、清原は不屈の闘志で1軍復帰を果たし、打席に立った。「心技体の最後に残った心で、魂でバットを振ります」

 それでも、清原のひざは万全ではなかった。本屋敷コンディショニングコーチは「またひざがいつ悪くなるかわからない。今じゃないと次はないかも知れない」。見切り発車での1軍復帰だった。

 今でもひざは痛み止めがなければ痛みが走る。試合後、帰宅する際には左足を腕で持ち上げなければ乗車することができない。そんな状況にもめげず、ここまで清原は代打で2安打をマークした。

 清原の野望はこれだけで終わらない。「もう一度本塁打を打ちたい」という思いは衰えてはいない。526本目のアーチ。「次が生涯で最も心に残る1本になる」。苦しいリハビリ中も思い描く最後の一発が折れそうな心の支えてくれた。本塁打を放ち、ひざがぶっ壊れてしまった時、背番号5は静かにバットを置く。(榊原一生)
(朝日新聞より)



 清原がついに自身の誕生日に引退を表明した。


 春には桑田が、年代こそ違うが大リーグでのパイオニアである野茂が、そして昨日、清原が今期限りでの引退を表明した。


 一つの時代が完全に終わったと言う事であろう。



 その中でも、新しい選手たちが出てくる。


 ダルビッシュ投手や昨日のオリンピックの先発投手でもある成瀬投手、涌井投手、田中投手・・・・。

 
 時代は常に進化し成長する。


 とにかく、清原選手お疲れ様でした。


 


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清原引退表明 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる