税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS シー・シェパード活動家3人の逮捕状請求

<<   作成日時 : 2008/08/18 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 南極海で昨年2月、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」が日本の調査捕鯨船に妨害活動を繰り返した問題で、警視庁公安部は18日午前、威力業務妨害容疑でSSの米国人活動家ら3人の逮捕状を請求した。

 逮捕状が発行され次第、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配する。南極海は公海のため通常、日本の捜査権は及ばないが、公安部はSSの妨害活動が海上でのテロ行為と認定し、海賊行為などを禁じた「海洋航行不法行為防止条約」を初適用した。

 威力業務妨害の疑いが持たれているのは、いずれもSSの活動家で、41歳と30歳の米国人の男のほか、28歳の英国人の男。米国とは犯罪人引き渡し条約を締結しているため、米国人2人が同国内にいることが確認されれば、米司法当局に引き渡しを要請する。

 捜査関係者によると、3人は昨年2月12日、南極海を航行中の日本の調査捕鯨船団のうち「海幸丸」に抗議船で接近、甲板上に発煙筒を投げ込んだうえ、ゴムボートに乗り換えた2人がロープを投下し、海幸丸のスクリューに絡みつかせるなどして調査活動を妨害した疑いが持たれている。

 3日前の同月9日にも船団の母船「日新丸」が薬品入りの瓶を大量に投げつけられるなどして、乗組員2人が軽傷を負うなどした。

 公安部は、乗組員からの事情聴取やビデオ映像の分析などを進め、2月12日の妨害活動にかかわった活動家3人を特定した。

 しかし、海外で日本人が重大犯罪の被害に遭った場合に適用できる刑法の国外犯規定には威力業務妨害罪が含まれていないため、公安部は、1998年に日本が国連加盟国と締結した「海洋航行不法行為防止条約」に着目。同条約が、船舶の安全航行を妨げるなどの海洋上でのテロ行為を国内法上の犯罪として海外での行為に適用できると規定していることから、同罪での立件が可能と判断した。

(2008年8月18日読売新聞)



 正直に言えば、本当に逮捕してしまえばいいと思う。



 環境と叫びながら、とても環境保護団体とは思えない。



 明らかに、環境をうたった詐欺グループなのではないかと思う。



 この団体ほど卑怯で恥知らずな団体はないと思う。



 前にも書いたが彼らは明らかな人種差別主義者だ。



 滅多にこうした書き方はしないが、彼らだけは別だ。



 恥を知ればいい。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
本当なら、もっと早く、こう言う毅然とした態度を、彼ら「環境テロ組織」には行なうべきだったんですが。

遅まきながら、やっと日本政府も戦うようです。自然保護、環境保護といいながら、海に塩酸をばら撒くような連中が、そう言うことに真剣であるはずありませんね。
クルトンパパ
2008/08/19 06:31
 クルトンパパさん、コメントありがとうございます。
 環境保護や自然資源の重要性はもちろん必要ですし、鯨なども保護しようと言うことに異論を挟むつもりはありませんが、彼らのような似非環境保護団体は許す必要はないのだと思います。
 彼らは明らかに環境保護を言い訳にした営利集団であり、(営利が悪いと言っているわけではありませんが)法を遵守するとかそういった思想を持ち合わせていない集団である以上、法に照らして処罰する事が求められるのだと思います。
すかんく
2008/08/19 10:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
シー・シェパード活動家3人の逮捕状請求 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる