税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS すかいらーく、創業社長解任へ

<<   作成日時 : 2008/08/13 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 すかいらーくは12日、臨時株主総会と取締役会を開き、横川竟(きわむ)社長の解任と谷真常務執行役員の社長昇格を決めた。経営権を握る投資会社と創業者の対立はひとまず決着したが、外食産業の環境は依然厳しい。経営再建の切り札とされるMBO(経営陣による買収)の限界もあらわになった。

 12日午後5時から始まった臨時株主総会はわずか8分で終わり、横川氏の解任を決めた。続く取締役会も3分で、谷氏の社長昇格を承認。株主でもある横川氏は姿を見せず、腹心の鬼沢修取締役も辞任した。解任劇の幕切れはあっけなかった。

 12日夜に記者会見した谷新社長は「一連の社内問題を早く終わらせ、一刻も早く再生の道を踏み出したい」と話した。しかし、社内には「良くも悪くも横川氏がひっぱってきた会社だ」との声も多く、しこりが残る懸念もある。

 06年のMBOで、すかいらーく株の約97%は野村プリンシパル・ファイナンスと英系投資会社のCVCキャピタルパートナーズの2社が握った。横川氏を社長に担ぎ、双方は協力関係にあった。だが、業績回復の遅れで、次第に対立が深まった。

 横川社長は06年時点から当面は「赤字もありうる」と述べていた。07年12月期の最終赤字は130億円。今年に入って「再建には5年かかる。目標の再上場は難しい」とも周囲に漏らしていた。

 一方、役員会で過半数を握る投資会社側は横川氏主導の経営が再建を妨げていると判断。7月に退任を迫った。横川氏は最後まで「やってきたことは間違ってなかった」と主張。溝は埋まらなかった。

 ■再建主導 投資会社に

 新社長に就いた谷氏は、すかいらーくの生え抜き。バイキング形式の「ニラックス」の拡大などで実績があるが、今後の再建方針には投資会社の意向が強く働く。効率化を急ぎ、不採算の200〜350店舗の大幅閉鎖や、採用抑制で500人規模の人員削減を進める。

 そのためには「さらなる増資は不可欠」(谷氏)だが、MBOで支援した銀行団は、これ以上自らのカネを投じることには慎重姿勢をとる。横川前社長が支援を求めたサントリーの出資も白紙になった。

 外食産業の市場規模は24兆7千億円(07年)で、過去10年で約2割縮小。少子化に加え、デパ地下など「中食」やコンビニ弁当の台頭で客を取られてきた。セブン&アイ・ホールディングス傘下のデニーズや、ロイヤルホストを経営するロイヤルホールディングスも苦戦している。

 足元ではガソリン高騰や値上げラッシュで、消費者の財布のひもは固くなっている。メニューの幅が広いファミレスは「特色がなければ、かえって敬遠されがちだ」(すかいらーく幹部)といい、打開策は見えていない。(古屋聡一、高野真吾)
(朝日新聞より)



 経営の難しさと言うべきなのだろうか、構造不況が叫ばれる中で外食産業は特に苦しい立場に追い込まれていた。



 特にすかいらーくグループはMBOによる会社の経営陣による買収を選択していただけに注目していたが、思うような成果を挙げられずにいた事になる。



 デフレ経済が続く中、外食産業は色々な意味でジレンマに陥ってしまった。



 業態変更や色々な改革をしてはいるのだろうが、結局、これと言った方策が見つからない。



 日本のサービス産業に限った事ではないのであろうが、世界的に色々な意味で過渡期になりつつある社会の中で、正解の無い解答を模索し続けなければならない。


 
 本当に難しい時代になりつつある事が実感できる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
すかいらーくガ無くなる・・・。
ちょっと寂しいですね学生時代によく行ったんです経営再建中の外食大手すかいらーく(東京都武蔵野市)... ...続きを見る
話題のブログ
2008/11/23 14:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
更新されてましたね(笑)冗談はさておき、外食産業の筆頭でもあった、すかいらーくグループも、この不況混乱の時代までは読み切れなかったでしょう。好景気の波にものり、店舗拡大、業種の拡大、時代のニーズに歩み寄りしたまでは良かったが、いかんせん撤収が悪く、店舗変更などで取り繕っている姿は、素人目から見ても、株主に対しての体裁にしか見えません。潔く縮小し、回転している店のリフレッシュ工事をした方が、収益も上がるのではないかと思いますね。
義宗
2008/08/14 01:06
 義宗さん、コメントありがとうございました。
 こうしたチェーン店の場合、簡単には撤収が難しいのだと思います。
 資金繰りの問題もあるでしょうし、撤収する事の難しさは大変でしょう。
すかんく
2008/08/18 16:42
経費削減で変なバイトだけでやるようになったのが問題なんじゃ?よく洗ってない汚い食器、態度の悪い店員、なんでもなまぬるい。やっぱり熱いものは熱いうちに冷たいものは冷たいうちに持ってきてもらいたいしね。コンビニでかって家で食べたほうがよっぽどいいよね。食中毒の心配もその方が少ないしね。
属国人
2008/08/19 04:46
 属国人さん、コメントありがとうございます。
 契約社員やアルバイトだけで運営する事の是非はあると思います。
 そこは経営と言う点でだけ考えるとジレンマがあるのも間違いようの無い事実なのかもしれません。
 原価計算の観点から考えても、非常に難しい選択なのだと思います。
 コンビニ弁当も美味しい物はありますからね、人それぞれの選択と言った所でしょうか。
すかんく
2008/08/19 10:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
すかいらーく、創業社長解任へ 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる