税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 通貨の重み。(ジンバブエの場合)

<<   作成日時 : 2008/07/31 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 【カイロ=古谷祐伸】ジンバブエからの報道によると、同国の中央銀行は8月1日から、通貨ジンバブエ(Z)ドルを100億分の1に切り下げるデノミネーションを実施すると発表した。ゼロが10個なくなる計算になる。年率220万%とされる異常な物価上昇に対する、苦肉の策だ。

 AP通信によると、政府系の最高級ホテルでは、コーヒー1杯が1300億Zドル(約570円)するのに、店員の月収は1千億Zドル。銀行では、ゼロの多さが原因で現金自動出入機(ATM)の故障も起きているという。

 皮肉なことに、消える運命の1千億Zドル紙幣は、オークションサイト「eベイ」で一時、約80ドル(約8600円)の値もついたほど人気だ。

 物価上昇は、07年6月のムガベ大統領による価格半減令を機に進んだ。そもそもの原因はモノ不足にあり、通貨切り下げは対症療法に過ぎないと専門家らは見ている。
(朝日新聞より)



 通貨の重みを全く感じさせないジンバブエ。


 まさに紙幣の重さで物を買うという感じだ。


 本来、貨幣はその価値を使用者が信頼しあう事で成り立つ。


 その点で言えば、貨幣は政治を写す鏡と言ってもよい。


 ジンバブエは政治が完全に混乱している事は明らかであろう。


 インフレやハイパーインフレと言う言葉でも言い表す事ができないほどのインフレに見舞われている訳だが、こうなってしまうと今回のようにデノミネーションを行なったとしても、一時的な急場しのぎにしかならない。


 この状態を何とかするのも政治決断なのではないかと思う。(ジンバブエ大統領自身の決断にかかっているであろう。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、昔ルーブルで似たような現象を目の当たりにしました(笑)詳しくは書けませんが、札は粗末な扱いで、紙幣が小さいから、ケツも拭けないと言っていたのを思い出します。


更新の件了解です。私も頻繁に来ていませんが、ごゆっくりされて下さい。
義宗
2008/08/02 23:48
紙幣の原料の方が高そうですね。
中国に古紙として販売したほうが、貨幣としての価値もあがりそうですね。
一般人
2008/08/09 17:26
 C/Bが遅くなりました。
 義宗さん、一般人さんコメントありがとうございました。
 こう言った通貨危機はたまに起こるものです。特に経済が傾き、需要と供給のバランスが極端に崩れた時などに起こる事があるものですよね。
すかんく
2008/08/13 16:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
通貨の重み。(ジンバブエの場合) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる