税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹島問題で子供同士の交流も中断。

<<   作成日時 : 2008/07/28 11:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 日韓の草の根交流が揺れている。日本政府が中学校の学習指導要領の解説書に初めて竹島領有問題を盛り込んだことに韓国側が反発し、訪問の中止や延期を求めているためだ。影響を一番受けたのは次世代を担う子どもたち。「こんなときこそ」と実施に踏み切る動きもある。

 「独島(トクト)(竹島)問題を発端とする最近の日韓関係は遺憾だ」。政府による解説書公表から間もなく、東京都杉並区には友好関係にあるソウル市瑞草(ソチョ)区から中高生交流会の「中断」の連絡が入った。31日から4日間の日程で約20人が杉並を訪れる予定だった。5年前に始まり、島根県の「竹島の日」条例などで揺れた05年夏でも中止には至らなかった。

 瑞草区庁の担当課長は「今回は日本政府の動きであり、韓国内の反感はより強い。区民、国民感情を考えると交流事業ができる状況ではない」と説明する。

 青森県黒石市では、姉妹都市の永川(ヨンチョン)市長が予定していた黒石訪問を中止。8月6日からの黒石市の高校生の永川訪問も取りやめに。永川市の担当者は「独島は永川市のある慶尚北道に属している。独島への市民感情はほかの地域よりも敏感だ」と話した。

 新潟県新発田市では、韓国・議政府市と交互に開いてきた小中学生の親善スポーツ交流大会などが中止された。新発田市体育協会の大沼淳会長は「子どもたちの交流が政治の世界に巻き込まれた。楽しみにしてきた子どもたちが一番かわいそう」。

 経済活動にも影響が出ている。茨城県の橋本昌知事は15日、ソウルでアシアナ航空幹部や柳明桓(ユ・ミョンファン)・外交通商相と相次いで会談し、10年3月に開港予定の茨城空港への定期便就航をめぐる大詰めの折衝に臨んだ。だが、同社幹部、外相とも「独島問題の解決が先決」との趣旨の回答をし、就航表明は先送りされた。県関係者は「タイミングが悪かったとしか言いようがない」。
(朝日新聞より)


 
 韓国側でそれで良いのなら中断する事はしかたがないのではないか。


 将来にとってそれが両国の為になると考えているのなら中止もやむない判断といえる。


 日韓両国は隣同士であり国境問題は世界中の何処にでもある問題であろう。


 特に日本は四方を海に囲まれている関係で、歴史的に見ても国境紛争が少なかったと言えよう。


 時間と距離が短くなった現代社会において、北方領土の問題や尖閣諸島の問題、そしてこの竹島問題と否応なく領土問題はクローズアップされてくる。


 どの問題にしても、領土の問題である以上両国とも「はい、そうですか」という事はできないであろう。


 日本人大多数の人にとっては正直、竹島問題はそれ程知っていた人は少なかったであろう。


 この問題を一般人レベルにまで持ってきたのは正直言って韓国側ではないだろうか。


 今となっては日本人の多くが竹島は日本の領土だと言う人が多くなったのだと思う。


 両国の政治家、特に韓国の政治家がこの問題を大きくしたのだと思う。


 確かに日本の政治家の中にもこの問題を取り上げて欲しいと思っていた政治家はいただろうが、明らかにこの問題を日本人に意識させたのは韓国の政治家と一部の現地活動家であろう。


 あまり、対立を煽ればそれが両国にとって抜き差しならない問題になるのではないかと思うが、今となってはもう遅いのかもしれない。


 国家が領有権を主張しなくなったら、確かに問題は治まるのかも知れないが、それは決してない。


 本来なら、何処で折り合いを着けるのかという問題だったのをこじれさせた原因は明らかに今回の場合、韓国側にあると思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
仰る通り、下手な外交の負の部分です。
韓国も、明日から軍備など進めて、更に主張を誇示するようですが、私から言わせれば、いかにも!と言った所です。
平和解決を望まないのなら、それでも良いでしょう。しかし、今後の世代が恥をかくのは目に見えています。
我が国も、指をくわえていないで、早く国際法廷の場に持って行けば、今後尖閣、北方の交渉に胸を張って、出きるのではないでしょうか?
戦後63年、そろそろ主権国家として、攻める姿勢があっても良いでしょう。
義宗
2008/07/30 01:12
 義宗さん、コメントありがとうございました。
 国際法廷にもって行くのは一つの方法だと思います。
 今回の場合、領有権を日本も主張しているわけですから、当然の主張と言う事になります。例えば、日本が済州島が日本の領土だと言い出したのであれば、何を言っているんだと言う話になるでしょうが、両国間で領有権を主張している所を見れば、今回の様な反応を示すのは韓国側の浅はかさだと思います。
 例えば、台湾の様に上陸を目指した政治家がいるのなら別ですが、領有権を強く意識させる様な学習指導要領に入れただけで今回のような反応をするのであれば、話になりません。どちらが大人の対応だったのかは他の国々が判断する事になるでしょう。
すかんく
2008/07/31 19:53
韓国が喧嘩をしてきているのに、喧嘩をしない。
仲がよい家族は喧嘩をします。
日本は韓国と仲が悪いのでしょう。
一般人
2008/08/09 17:29
 一般人さん、コメントありがとうございます。
 今回の場合、相手にしない事の方が得策なのだと思います。
すかんく
2008/08/13 16:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹島問題で子供同士の交流も中断。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる