税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 良かったね(国籍法は不合理・最高裁判決)。

<<   作成日時 : 2008/06/05 12:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 結婚していない日本人男性とフィリピン人女性から生まれた後、日本人男性に認知されたフィリピン国籍の子供が、両親が結婚していないことを理由に日本国籍の取得が認められないのは違憲だとして、日本国籍の確認を求めた2件の訴訟の上告審判決が4日、最高裁大法廷(裁判長・島田仁郎長官)であった。

 大法廷は、父母の婚姻を国籍取得の要件とする国籍法の規定は、憲法14条が保障する「法の下の平等」に反するとし、10人の原告全員の日本国籍を認めた。原告の逆転勝訴が確定した。

 裁判官15人のうち10人が原告に日本国籍の取得を認める判断を示した。最高裁が法律の規定を違憲と判断したのは、戦後8件目で、政府は国籍法の改正を迫られることになった。原告と似た境遇で国内に暮らす外国籍の子は数万人いるとみられ、今後、国籍取得の届け出が相次ぐなど大きな影響が出そうだ。

 原告は、東京都などの8〜14歳の男女10人。法相に日本国籍取得を届け出たが、認められず、2003〜05年に提訴した。

 訴訟では、母が外国人で、日本人の父から生後認知された非嫡出子(婚外子)に国籍を認めない国籍法の規定が、日本人の嫡出子などとの間で、不合理な差別をしたと言えるかが争点となり、1、2審で判断が分かれていた。

 判決はまず、この規定が設けられた1984年の法改正当時、「父母の婚姻が、日本との密接な結びつきを示すとしたことに理由はあった」と述べ、当時は違憲ではなかったとした。

 しかし、その後、非嫡出子の割合が増え、親子関係や家族生活も多様化したことから、「父母が婚姻して初めて、わが国との密接なつながりが認められるとの考えは、家族生活の実態に合わなくなった」と指摘。国際条約が出生による差別を禁じていることにも言及し、日本人を親に持つ子供の中で、日本人の父に生後認知されたが、両親が結婚していない子だけが国籍を得られないのは、不合理な差別だと結論づけた。

 一方、横尾和子、津野修、古田佑紀の3裁判官は「非嫡出子の場合、日本との結びつきを個別に判断する帰化制度が合理的で、婚姻を要件としたことは合憲」とする反対意見を述べた。また、甲斐中辰夫、堀籠幸男両裁判官は、原告らに「国籍を与える規定を置いていないのは違憲」としたが、新たな規定の創設は司法の役割を超えるため、国会の立法措置に委ねるべきだとする反対意見を述べた。

 ◆婚外子訴訟大法廷判決の骨子◆

 ▽結婚していない外国人女性と日本人男性との間に生まれた子について、父母の結婚を国籍取得の要件とした国籍法は憲法14条に違反する。

 ▽原告は国籍取得届を提出した時点で日本国籍を得た。

(2008年6月5日読売新聞)



 今回の判決は正に画期的な判決だと言える。


 法の下の平等の精神に即している判決と言える。


 嫡出子と非嫡出子の問題はまだ残るとしても、明らかに日本人の男性との間での出生であるのなら何の問題もないはずなのだから、今回の判決の前に法務省には英断を求めたかった。


 日本の社会制度は殆ど単一民族なだけに、閉鎖的であるといえる。


 その第一歩をこじ開ける事に繫がったのではないかと思う。


 色々な議論はあるだろうが、今回の判決に支持を表明したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今日の論点!ブログ意見集: 婚外子国籍訴訟で国籍法は違憲 by Good↑or Bad↓
「婚外子国籍訴訟で国籍法は違憲」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
今日の論点!by 毎日jp & Blog...
2008/06/05 22:00
◆国籍法は違憲・最高裁大法廷/結論としては当然だ
 以前、フィリピンから騙(だま)されて連れて来られて、強制的に働かされていた女性をフォローした。  その女性は、日本に連れて来られて、置かれた状況を知り、逃げ出した。  その後、県内の男性と暮らし、2人目の子の出産の前に男性が不明に。 ...続きを見る
てらまち・ねっと
2008/06/12 18:21
最高裁 国籍法違憲判決について
少し時間がたってしまったが、6月4日に、国籍法の規定について、最高裁で違憲判決がありました。 ほとんどの報道が全面支持あるいは極めて好意的なスタンスで記事を書いていますので、本ブログの趣旨から、違う立場で、少しコメントしておきたいと思います。最高裁の違憲立法判 ...続きを見る
第6の権力 logic starの逆説
2008/06/22 21:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
良かったね(国籍法は不合理・最高裁判決)。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる