税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 諫早湾干拓事業訴訟(水門を5年間開放せよ」地裁判決下る

<<   作成日時 : 2008/06/27 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)で有明海の漁場環境が悪化したとして、有明海沿岸の漁民らが同事業で設置された潮受け堤防の撤去や排水門の常時開門を求めた訴訟の判決が27日、佐賀地裁であった。神山隆一裁判長は、干拓事業が一部海域に漁業被害を引き起こした可能性があると認定。堤防の撤去は退けたが、排水門の常時開門を5年間、国に命ずる判決を言い渡した。ただし、防災上必要な工事のため、国に3年間の猶予期間を与える、とした。原告が申し立てていた排水門の常時開放を求める仮処分は却下した。

 長崎県によると、排水門は、農業用水として使用している淡水の調整池の水位を一定に保つため干潮時などに定期的に開かれているが、常時開門すれば海水が流れ込み、営農に支障が出る。池の水位も上昇するため、防災機能も低下する、としている。
(朝日新聞より)



 大元は干拓事業だった。


 それは認める。


 だが、明らかに近年の減反政策などを見るにつけ、この事業は無駄の象徴というべきものになってしまった。


 防災上の理由を後から付け加えるなど、事業の為の事業と言われてしまった所以であろう。


 防災上と言うのであれば、他にも方法はあったのではないか。?


 ただでさえ、不要な事業が他の産業の邪魔にもなっている。


 相乗効果ではなく、明らかに足を引張る役割しかない事業では何の為の事業だったのか本当に理解できない。


 そうした、事業を野放しにして消費税のアップや社会保障費の増加を国民に求める。


 こうして不都合な事が起これば賠償も国家に来るのだから目も当てられない。


 どうせ国庫負担だという思いが行政側にあるとしか思えない。


 こうした一連の状態を見ていると不作為ではなく作為を感じる。


 結局、この国のビジョンを政権党が示せていないのと、自助能力が中央官庁や国会議員には期待できない事を表しているのではないか。


 この国は何処へ向かっているのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これも、ハッキリ言って、胡散臭さがプンプンしてきます。

漁業関係者には、歓迎される案件ですが、農業をやろうと入植してきた人々には、寝耳に水です。第一、国の政策で干拓事業を推進して、漁業関係者の利益が苛まれ、集団訴訟になったが、次は入植してきた側が訴訟を起こせば、収拾がつかなくなるでしょうね…。

一番利益になったのは、建設会社だけ!とオチがついたように思います。
義宗
2008/06/27 23:15
 義宗さん、コメントありがとうございます。
 何の為の事業だったのか、建設完了後には意味が分からなくなった典型的な事業でしょね。
 結局、最後にはたまねぎ畑になっているそうで、本当に理解できない。

 防災と言う観点で見たとしても、他にもっとまともな案がなかったのか、疑いたくなる。そんな気持ちです。
すかんく
2008/06/30 10:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
諫早湾干拓事業訴訟(水門を5年間開放せよ」地裁判決下る 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる