税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 小6男児転落死事故(東京・杉並)

<<   作成日時 : 2008/06/19 12:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 18日午前9時25分ごろ、東京都杉並区和田3の区立杉並第十小学校で、校舎屋上に設置されたドーム型天窓(直径約1・3メートル)が割れ、上に乗っていた6年生の中村京誠(きよまさ)君(12)が吹き抜けになっていた約12メートル下の玄関ホールに転落、頭を強打するなどして約4時間後に死亡した。

 警視庁杉並署は業務上過失致死の疑いもあるとみて、安全管理に問題がなかったか調べている。

 学校の天窓から児童・生徒が落下して死傷した事故は、1999年以後で少なくとも6件発生しており、文部科学省は同日、杉並区教育委員会から事情を聞いた。近く都道府県教委に対策をとるよう通知する。

 警視庁の調べによると、中村君は1時限目、自分の歩幅で長さを測る算数の体験授業で、女性教諭(49)と同級生とともに校舎の屋上に上がった。中村君は授業を終えて教室に戻る途中、天窓の上に乗ったという。

 天窓は外側のドームが強化プラスチック製(厚さ4ミリ)。その下に結露防止用の網入りガラス(同6・8ミリ)が水平に敷かれていたが、中村君は両方を突き破って落下した。屋上は普段、立ち入り禁止で、教師が学習に使用する場合に限り、児童たちが上がることが許されていた。

 学校の天窓を巡っては、横浜市港北区の慶応義塾高校で99年、男子生徒2人が体育館の屋上の明かり窓に座り、プラスチック製の窓が壊れて落下、1人が死亡する事故が起きている。

 杉並区では区立小中66校のうち13校に天窓があるが、区教委は児童・生徒に対し、窓を踏まないよう注意するなどの措置は講じておらず、同校でもこの日、特別な安全対策はとっていなかった。

(2008年6月19日読売新聞)



 もちろん、もっと注意していれば防げた事故だと言えるのだが、大人が想像する以上に子供は時として無謀な事をする。


 危険に吸い寄せられる様な事をしてしまうのだと思う。


 良かれと思ってやった事が、裏目に出ることは往々にしてある。


 この教師を責めるのは簡単だが、あまり責める事はできない。


 もちろん、安全対策をとっていればと言う思いはあるし、残念でならないし親御さんの気持ちを思えば色々な気持ちも出て来る。


 どうすれば、この様な事が起こらないのかと言うことはもちろん考えるべきである。


 ただ、あまりにも現場が萎縮するようなのも考え物だと思う。


 難しい問題だ・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【明かり窓】についてサーチエンジンで検索してみると
明かり窓 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… ...続きを見る
気になるキーワードでブログ検索!
2008/06/19 18:48
杉並区 杉並第十小学校
4月より東京の銀座に勤務。一人暮しを検討中ですが住むなら・・・今年(2002年)の4月から東京の銀座に勤務します.それで一応一人暮しを考えてるのですが、どのあたりに住むのがいいです... ...続きを見る
壁紙
2008/06/19 19:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小6男児転落死事故(東京・杉並) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる