税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 司法修習生、修習内容をブログに書き問題化。

<<   作成日時 : 2008/06/19 12:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 長崎市で実務修習をしている20代男性の司法修習生が、自身の日記をつづったブログに取り調べや刑務所見学、司法解剖の立ち会いの様子や感想など、修習の内容を書き込んでいたことがわかった。修習生を受け入れている長崎地裁は「書き込みが、裁判所法が定める守秘義務違反にあたる可能性があり、調査したい」としている。

 地裁などによると、この修習生は07年から長崎市の裁判所や法律事務所、検察庁で実務修習を受けている。実習の感想や出会った法律家の人柄、周辺雑記などをブログに書き込んでいた。

 書き込みの中には、取り調べの実習の様子を記したものがあった。「はじめて取調べやりました。相手はばあちゃん。途中から説教しまくり。おばあちゃん泣きまくり」「なんで若造がばあちゃんを説教してるのか。なんとなく、権力というか、自分の力じゃない力を背後に感じた」などと被疑者の性別や年齢が明かされていた。

 また、刑務所を見学した際には「工場で作業をしている受刑者たちは、なんだかロボットのよう。何を考え生きているんだろうか」「いま自分が取り調べ中の被疑者は、刑務所出所後5日目に、また犯罪行為に出た人で、この人は刑務所でしかうまく生きていけないんじゃないかと感じた」などと、取り調べ中の被疑者について触れている。

 裁判所法に基づく司法修習生に関する規則は「修習にあたって知った秘密を漏らしてはならない」と定めており、地裁では修習生の行為が規則に抵触している可能性があるとして調べる。
(朝日新聞より)



 実際にこのブログを見ていないので、あまりへんな事は書けないが、新聞記事上の程度までなら微妙な気がする。


 だが、何処までなら許されるのかと言った場合、そこは難しい問題になってしまうのであろう。


 故に守秘義務の部分は修習期である事を考えると、あまり触れない方が良かったのかも知れない。


 事実だとしても、それを全て書くことは難しい。


 これだけ、ブログが身近な物になっていると言う事なのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スワップ派の分散投資
...続きを見る
スワップ金利派
2008/06/19 12:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
司法修習生、修習内容をブログに書き問題化。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる