税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS ビルマ(ミャンマー)の被災者支援を受けられず(問われる国家の姿勢)

<<   作成日時 : 2008/05/10 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 【バンコク=田原徳容】ミャンマーのサイクロン被害で、少なくとも100万人の被災者が全く支援を受けることのできない危機的な状態にあることが10日、分かった。

 国連人道問題調整事務所(OCHA)が明らかにした。

 OCHAによると、サイクロンの直撃から1週間が過ぎたが、支援物資を手にすることができた被災者は50万人程度。OCHAバンコク事務所のスポークスマンは、「被災者は150万〜200万に上ると推計しており、救援活動が非常に遅れている」と懸念を示した。一方、世界食糧計画(WFP)は、9日に搬送した食糧などの支援物資が、10日もミャンマーの軍事政権に差し押さえられたままの状態であることを明らかにし、「支援の努力を無駄にする行為」と非難した。

 在ヤンゴン消息筋によると、最大被災地エヤワディ管区では、衛生状態の悪化で医療処置が必要な子供が増えつつあるなど、多くの被災者が生命の危機に瀕しているという。

(2008年5月10日 読売新聞)



 国家のあるべき姿とは程遠い現状に呆れるだけではなく、怒りを覚える。


 この国の政府は国家としての最低限のモラルすら持ち合わせていない。


 災害が広がるのを防ぐのが国家の最低限の仕事であるにも拘らず、その被害を増大させている現状は統治者としての資質がないだけではなく、人としての最低限のモラルを持ち合わせていない野獣の様な人間であると言わざるを得ない。


 国によって色々な事情はあるにせよ、自国だけで対処できないないのであれば、国連等の機関に対して助けを求めるのが最低限の仕事であろうが、この国の為政者は自分たちの事以外には興味がないのであろう。


 国を治める資格のないものに国を治められているこの国の国民は本当に救われない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。ネットでうろうろしてましたら、こちらへ辿り着きました。
ビルマですよね。民主国家であるはずの日本の政府やメディアは、軍事政権がつけたミャンマーという国名を何故使うのだろう?日本も関係ある「ビルマの竪琴」の地です。欧米諸国や英BBCなど西側メディアの多くは、現在も「ビルマ」を使い続けているのに。
軍事政権は国民の事なんて、どうでもいいんですね。北朝鮮と同じで、国民が困っているのを世界中に見せといて支援物資や金を送らせ、換金して軍備拡大に使ったり、軍人を優遇して、結局本当に困ってる国民には殆ど行き渡らない。なんとかできなのでしょうか?といっても、この日本も何処も彼処もなんとかしなければ!と思う今日この頃です。
『【八紘一宇】言霊の幸はふ神の国:日本』という所に、ビルマ由来の事が詳しくわかりやすいです。
http://ameblo.jp/hakkouichiu/entry-10049210900.html
今の日本は気味悪い。国民の手で新しい日本...
2008/05/13 21:44
 コメントありがとうございました。
 国名は難しい問題なのかも知れません。特に日本の場合、大戦の後遺症を引きずっていますから、政府の対応も難しいのでしょう。
 ただ、今回の災害での現地政府は政府の体をなしていないと言うべきでしょう。本当に残念な事です。
すかんく
2008/05/16 12:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビルマ(ミャンマー)の被災者支援を受けられず(問われる国家の姿勢) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる