税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語教育のススメ?(小3から英語必修案)

<<   作成日時 : 2008/05/27 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 政府の教育再生懇談会が中間報告で、小学3年生からの英語の必修化を提言したことについて、渡海文部科学相は27日の会見で「個人的な意見としても、もっと早い段階から開始することを視野に入れて、検討しなければいけない」と述べた。一方、「現場が混乱するようなことは避けたい」とも話し、小学校の改訂学習指導要領が11年春に全面実施される前に見直すことには否定的な立場をとった。

 渡海氏は、海外でも多くの国が小学校の低、中学年から英語教育を始めていることを指摘。「日本の子どもたちにどういう教育を与えていくか、しっかりと考えていかなければいけない」と語った。

 改訂指導要領は小学校高学年に週1コマ、「外国語活動」を導入しており、文科省は学校の判断で、09年度から前倒しで始めることを認める方針。
(朝日新聞より)


 早くから英語などの第2語学に触れる事も大切な事なのかも知れないが、同時に何を話すのかと言う教育がもっと重要なのではないかとも思う。


 日本に限らず、国境のボーダレスが叫ばれている現代において、日本語以外の語学は大切だと思う。


 と同時に何を話すのか、どう話すのかと言った教育は最も重要な過大だと私は思う。


 国際社会にでた日本人の多くはどう話すのかで苦労している姿をよく目にする。


 日本人の特性なのか、多くの場合「察する」と言う文化なのかは分からないが、本質の部分で遠慮したりしている事をよく目にする。


 日本の美徳とされる事が海外では奇異に写っていることもある。


 全てが欧米化する必要は全くないと思うが、自分の意見を時にはハッキリと示すことは重要だ。


 語学はもちろん大切なツールである事は言うまでもない。


 はじめるのなら早いにこした事はないが、同時にどう話すのか、何を話すのかの習熟も大切であろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今日の論点!ブログ意見集: 英語必修は小3から(教育再生懇) by Good↑or Bad↓
「英語必修は小3から(教育再生懇)」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
今日の論点!by 毎日jp & Blog...
2008/05/27 14:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
早いうちから、第二語学に接する事は大事です。私も、子供の頃から外国人と接触する機会があった為、しゃべれはしませんが、物怖じして話さないと言うことはありません。しかし、このゆとり推進の後にする事であろうか?
論点がズレているように思います。
義宗
2008/05/28 02:21
 義宗さん、コメントありがとうございます。
 私は英語を話すのは得意ではありません。しかし、話そうと努力すれば相手も何とか通じさせようとしてくれる物です。言葉の習熟は難しいものです。と同時に何を話すのかも学べるといいのだと思います。
 
すかんく
2008/05/28 12:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
英語教育のススメ?(小3から英語必修案) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる