税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日新聞社説を見て(「靖国」上映中止)

<<   作成日時 : 2008/04/02 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 これは言論や表現の自由にとって極めて深刻な事態である。

 中国人監督によるドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の今月公開を予定していた東京と大阪の五つの映画館が、すべて上映中止を決めた。来月以降の上映を準備しているところも数カ所あるが、今回の動きが足を引っ張ることにもなりかねない。

 右翼団体の街宣車による抗議や嫌がらせの電話など具体的な圧力を受けたことを明らかにしている映画館は一つしかない。残りは「お客様に万が一のことがあってはいけない」などというのが上映をやめた理由だ。

 トラブルに巻き込まれたくないという気持ちはわからないわけではない。しかし、様々な意見がある映画だからこそ、上映してもらいたかった。

 すぐに思い起こすのは、右翼団体からの妨害を恐れて、日教組の集会への会場貸し出しをキャンセルしたプリンスホテルである。

 客や周辺への迷惑を理由に、映画の上映や集会の開催を断るようになれば、言論や表現の自由は狭まり、縮む。結果として、理不尽な妨害や嫌がらせに屈してしまうことになる。

 自由にものが言えない。自由な表現活動ができない。それがどれほど息苦しく不健全な社会かは、ほんの60年余り前まで嫌と言うほど経験している。

 言論や表現の自由は、民主主義社会を支える基盤である。国民だれもが多様な意見や主張を自由に知ることができ、議論できることで、よりよい社会にするための力が生まれる。

 しかし、そうした自由は黙っていても手にできるほど甘くはない。いつの時代にも暴力で自由を侵そうとする勢力がいる。そんな圧迫は一つ一つはねのけていかなければならない。

 言論や表現の自由を守るうえで、警察の役割も大きい。嫌がらせなどは厳しく取り締まるべきだ。

 五つの映画館が上映中止に追い込まれた背景には、国会議員らの動きがある。自民党の稲田朋美衆院議員らが公的な助成金が出ていることに疑問を呈したのをきっかけに、国会議員向けの異例の試写会が開かれた。

 稲田氏は「私たちの行動が表現の自由に対する制限でないことを明らかにするためにも、上映を中止していただきたくない」との談話を出した。それが本気ならば、上映を広く呼びかけて支えるなど具体的な行動を起こしたらどうか。

 政府や各政党も国会の議論などを通じて、今回の事態にきちんと向き合ってほしい。私たちの社会の根幹にかかわる問題である。

 いま上映を準備している映画館はぜひ踏ん張ってもらいたい。新たに名乗りを上げる映画館にも期待したい。それを社会全体で支えていきたい。
(朝日新聞より)



 この映画を見たわけでもないので、映画の中身をどうこう言うつもりはない。


 ただ、時代に影が差し込み始めているような事案が増えている事は確かな気がする。


 朝日新聞も含め、戦前、戦中に苦い経験があるからこそ社説なのであろう。


 憲法21条により(集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。)保障されている権利であり、何よりまだ起こっていない暴力に怯える事はあまりにも情けない。


 記事中にもあるが、こうした流れを作ってしまったプリンスホテルは本当に反省すべきであろう。


 どうしてこうなってしまったのか、警察も考えるべきではないか。


 法的には取り締まる事が出来にくい側面もあるのであろうが、社会性から見て、大音量での走行も時には取り締まるべきではないかと思う。


 このような事が続けば、暴力を肯定する事にもつながっていってしまうのではないかと思える。


 この映画がどうこうではなく、こうした行為の積み重ねこそが最も危惧する事ではないかと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
かつて、ジャーナリストの櫻井よしこさんの講演が、「慰安婦」についての発言を問題視する団体の要求で中止になった。
 こうした言論や表現の自由への封殺を繰り返してはならない。(読売)
やますぎ
2008/04/02 22:39
 やますぎさん、コメントありがとうございます。
 暴力を背景に言論の自由を損なう事は黙認してはいけないのだと思います。
 どの様な意見であったとしても、意見を述べる機会は保障されるべきでしょう。
すかんく
2008/04/03 11:28
こんにちは!
上映する映画館が少ないのが問題ではないかと思います。
同じ日に上映される映画館が数百もあれば、暴力行為を行う方も人数が足りません。
「お客様のため」と言いながら個人的な保身のためです。個人攻撃されては困ります。
逆に数館であれば、警察も取り締まりできるし。まずは、1館から様子見しながら公開が良いでしょうね。
少なくとも「お上から問題なし」ってお墨付きもあることですしね。
一般人
2008/04/03 21:55
 一般人さん、コメントありがとうございます。
 私は見た事がないので、良くは分かりませんが報道やラジオでは右翼が気にするほどの内容ではないと聞きました。
 どちらかと言うと反日的な要素は4割程だと聞いています。 
 なぜ、これ程大事にしたのか逆に変な思いでいます。
 ただ、時代の流れが変な方向に向かっているのが気がかりです。
すかんく
2008/04/04 10:31
文化庁の使途を確認するとして先に見たがったお馬鹿な国会議員のせいです。そもそも公開された後で、適切か不適切であったかの議論をすべきだと思います。いわゆる倫理なるものは、絶対的な良し悪しの基準レベルはありません。わいせつもどこまでがわいせつで健全かと聞かれると、多くの人の意見である一定基準が定まります。
ただ、メディアの多くは視聴率(利益)を優先して自らの倫理(たが)を失いがちです。そういう意味では、利益偏重の資本主義社会の欠点が出てきていると思います。
民間が資本主義化に偏重する場合は政府が共産主義的な考え方で修正(福祉拡大など)すべきところを、同じく資本主義偏重になり、国民生活は疲弊する悪循環。結果として皆が個人の利益優先でおかしな流れがでてきていると思います。
一般人
2008/04/04 19:53
 一般人さん、コメントありがとうございます。
 結局、稲田氏らの国会議員がこの映画を宣伝したと言う結果になりましたね。
 どうであれ、言論の自由は保障されるべきでしょう。
 どんな意見であれ、それを表明する事事態は自由であるべきです。
すかんく
2008/04/07 12:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日新聞社説を見て(「靖国」上映中止) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる