税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛肉BSE問題再び(繰り返される特定部位混入)

<<   作成日時 : 2008/04/24 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 米国から輸入された牛肉にBSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位が含まれていた問題で、厚生労働省は24日、輸入検査を強化することを明らかにした。

 同省は昨年12月から、2006年7月の輸入再開後に1000トン以上の輸入実績がある工場の牛肉について、申請輸入量の1〜2%の割合で、特定危険部位の有無などをサンプル検査してきたが、今回の混入を受け、検査対象を1割程度に引き上げる。輸入業者の自主検査の徹底を促す狙いもある。23日付で全国の検疫所に通知した。

 大手スーパーのダイエー(東京)や食品スーパーのマルエツ(同)は24日の開店時間までに、問題の肉を輸出した米ナショナルビーフ社カリフォルニア工場の牛肉を店頭から撤去した。

 ダイエーで同工場の牛肉を置いていたのはグループ333店舗。売り場には「お客様のご心配に配慮し、調査結果が明確になるまで、該当加工場の商品の販売を一時中止させていただきます」との張り紙を掲示した。

 マルエツでは76店舗でナ社の牛肉を扱っていた。

 一方、自社工場から危険部位が見つかった牛丼チェーンの吉野家(東京)は、従来通り牛丼の販売を行っている。

(2008年4月24日読売新聞)


 まず、消費者に届く前に発見した吉野家の検査体制を評価したい。


 その点で、吉野家に風評被害が及ばない事を祈るばかりだ。


 私自身は前のBSE問題の時から、吉野家の牛丼を食べなくなってしまった。


 吉野屋を信用しないと言うのではなく、そこまでして牛丼を食べたいと思わなかったからだ。


 今回の公表は非常に評価できる。


 だからこそ、この問題は吉野屋に追わせるべき問題ではない。


 官房長官はシステム上の問題はないと言い切っていたが、システム上の運用の問題ではないのかと言いたい。


 アメリカに気兼ねをする前に日本の消費者に対しての心配をするのが先な気がする。


 また、日本では全頭検査を実施して安全対策を施している以上、そことの整合性も問われるのではないかとも思う。


 どちらにせよ、消費者の信頼を得る事ができなければ、意味がないことをもっと真剣に考えるべきであろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
牛肉BSE問題再び(繰り返される特定部位混入) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる