税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 白い巨塔(横浜市大編)

<<   作成日時 : 2008/04/01 13:45   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 学位取得を巡る現金の受け取りが明らかになった横浜市立大医学部(横浜市金沢区)の嶋田紘(ひろし)医学部長(64)(31日で学部長退任)が、親せきが経営する金沢市内の民間病院に大学院生の医師を派遣していたことが31日、わかった。

 この病院は横浜市大の派遣先に該当せず、嶋田学部長が役員を務める学会の会議費名目で多額の寄付をしていた。横浜市大コンプライアンス(法令順守)推進委員会に内部通報があったが、「事実と確認できなかった」と報告書を公表しており、調査のあり方も問われそうだ。

 横浜市大は「私的に医師の派遣が行われており、問題がある」とし、派遣は31日で打ち切られた。

 この病院は、外科や内科、脳神経外科などがあり、嶋田学部長の親せきの男性が理事長をしている。

 理事長によると、2007年4月に4人の医師が抜け、嶋田学部長に派遣を依頼した。同6月から2〜6か月ごと3人が派遣され、外科診療にあたった。

 大学関係者によると、派遣された大学院生は、いずれも嶋田学部長の研究室に所属し、研究を途中で打ち切らされ、同意なく派遣された例もあった。

 医師の派遣は、臨床研修医の受け入れ先として厚生労働省が認定する「協力病院」と、大学の慣例で受け入れ先となっている「関連病院」がある。この病院はいずれにも入っていない。新たな派遣先を決める際、研究室での合意が必要だが、この病院への派遣は学部長の指示で決まっていた。

 また、この病院は04年12月に横浜市内で開かれた嶋田学部長が会長を務める国際消化器外科会議に200万円の寄付をしていた。嶋田学部長が役員を務める日本肝胆膵(かんたんすい)外科学会が05年6月に開いた会議に、100万円を超える寄付があった。

 協力、関連病院以外に横浜市大から医師が派遣されている例はほかにはなく、関連病院などからの寄付はないという。

 理事長は「医師の派遣は、嶋田先生の一存で決めてもらった。個人的なつながりから助けてもらった。学会は費用がかかるから、少しでも使っていただこうと、応援したい気持ちから寄付した。金額は覚えていない」と話している。

 一方、コンプライアンス推進委員会への内部通報は昨年11月、学位を巡る謝礼授受の情報とともに寄せられた。同委員会は学部長らから聞き取り調査し、3月25日にまとめた報告書は「現金授受は認められる」としたが、嶋田学部長の親せきの病院への医師派遣は「伝聞に基づく」とするにとどめていた。

(2008年4月1日 読売新聞)


 正にドラマを地で行くストーリだと思う。


 概ね事実の様で、これに対して同大学の医学部内ではこの内部通報者に悪意があるとして処分を求める動きがあるようだ。


 系列ではない、親族の病院に医師を派遣している辺りも映画を地で行く感じがするし、その後の展開も派閥の力学を伺わせる。


 こうした事がないようにと医療制度改革の一環での改革を行なったはずなのだが、地方の医師不足を助長しただけで、今回の様に医局制度はまだ、崩壊していなかった事を裏付ける結果となった。


 これは氷山の一角なのか、それともこの市大での出来事だけなのであろうか・・・・。


 単純な興味は尽きない。


 魑魅魍魎の類の話ではあるが・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなくだらないゴタゴタに巻き込まれて、命を落としてしまった患者がいます。数ヶ月前から生体肝移植の手術を待っていましたが、大学の不祥事で延期され、結局家族の命は犠牲になりました。
あってはならない事です。
ピクミン
2008/04/26 23:36
 ピクミンさん、コメントありがとうございました。
 地方の医師不足は深刻だと聞きます。もちろん、その裏には多くの患者がいるわけで、制度変更にも色々な問題がはらんでいる訳です。こちらを立てれば、あちらが立たずという感じもあります。
 また、ご家族を亡くされたとの事、お悔み申し上げます。
すかんく
2008/04/27 12:29
横浜市立大学医学部は、嶋田教授始め他の教授の謝金授与についてのお咎め(制裁)はないのでしょうか?
33344
2008/04/28 10:54
 大学の自治権の問題もあるでしょうから、教授会が判断する事でしょう。もしあるとすれば、この謝礼金が個人に対してなされている分があれば、当然、所得税の問題も出てくるでしょう。また、市立大ですから地方公務員である事には変わりないので、もしかしたら贈収賄の問題もあるのかもしれませんがこの点は立証が難しいかもしれませんね。
 いずれにしても、内部の問題としては教授会がどう判断するかでしょう。
すかんく
2008/04/28 15:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
白い巨塔(横浜市大編) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる