税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 暮らしの悪化は景気・物価・食糧(内閣府の世論調査)

<<   作成日時 : 2008/04/12 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 暮らしに対する不安感が高まっていることが、12日発表の内閣府の「社会意識に関する世論調査」で浮かび上がった。現在の日本の状況について「悪い方向に向かっていると思われる分野」のトップ3は「景気」「物価」「食糧」。いずれも前年より2〜3倍増だった。

 内閣府は「原油や穀物の値上がり、中国製冷凍ギョーザの毒物混入事件や相次いだ食品偽装が影響しているのではないか」と分析している。

 「悪い方向」を複数回答で聞いたところ、「景気」43%(前年21%)、「物価」42%(同15%)と経済への不安が急増。「食糧」も41%に上り、前年13%から3倍強に跳ね上がった。前年は「教育」「治安」がともに36%で上位を占めたが、今年はそれぞれ24%、32%に減った。

 「良い方向」は「科学技術」21%が前年に続いてトップだった。

 一方、「ほかの人と比べて国を愛するという気持ち」を聞いたところ、「非常に」と「どちらかといえば」をあわせて「強い」と答えた人は57%で、1977年に質問を始めて以来最高。「強い」人の割合は60代や70歳以上で7割を超えたが、20代、30代は3割台にとどまり、世代間の落差も浮き彫りになった。

 調査は69年から原則毎年実施。今年は2月に全国の成人1万人を対象に個別面接で行い、5494人から回答を得た。
(朝日新聞より)



 今年に入り、食の安全が叫ばれるようになった。経済ではサブプライムローンが発したアメリカの経済危機説が叫ばれる。


 何か良いことは見回してもなかなか好材料が見当たらない。


 だいぶ前から、食料自給率の問題は深刻だ。


 政治に目を向ければ、ガソリンに端を発する暫定税率問題、年金問題・・・。


 数え上げたらきりがない。


 それでも、私たちは前を向いて一歩一歩進んでいくしかない。


 さあ、良い選択をし前を向いて頑張りましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暮らしの悪化は景気・物価・食糧(内閣府の世論調査) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる