税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日銀総裁人事、国会提案へ

<<   作成日時 : 2008/03/07 13:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

 政府は、19日に任期満了を迎える日本銀行の福井俊彦総裁の後任人事について、7日に開かれる衆参両院合同代表者会議に、武藤敏郎副総裁の昇格を提案する方針を決めた。2人の副総裁のうち1人は、元日銀理事の白川方明・京大大学院教授を充てる方向で調整を進めている。民主党は「財政・金融分離」の原則から、元財務事務次官の武藤氏の昇格が示された場合は不同意とする方針を固めている。そのため、首相は小沢代表との党首会談も視野に、野党側の理解を求めていく考えだ。

 政府は7日午後1時からの両院合同代表者会議と、続けて開かれる衆参両院の議院運営委員会の理事会に人事案を示す。福田首相はギリギリまで民主党の出方を見極めたうえで、正副総裁3人の候補者を最終的に確定させ、国会に提示する。

 福田首相は6日夜、首相官邸で記者団に対し、「日銀人事は私にお任せいただきたい」と述べ、民主党が求める「財金分離」について、「人物による。どういう出身であろうが、立派にその職を遂行できるかにかかってくる」として、財務省OBでも問題はないとの認識を示した。

 さらに首相は「空白は許されない。一日たりとも」と語り、政府案の提示後、民主党の理解を得るため、「必要なら喜んで(党首)会談を求めることも当然ある」として小沢代表との党首会談も辞さない姿勢を明確にした。

 民主党側は「武藤氏に同意すれば、国民には与党とのなれ合いに映る」(幹部)などとして、武藤氏昇格には同意しない方針。ただ、政府・与党としては、米国のサブプライムローン問題などで世界の金融市場が不安定になっている中、5年間副総裁として福井総裁を支えてきた実績のある武藤氏が、日本の金融政策の司令塔としてふさわしいと判断したものとみられる。

 日銀総裁人事をめぐって、政府は当初、福井氏の任期満了の1カ月前である2月中旬までの提示を念頭に置いていたが、武藤氏の昇格に反対論が強い民主党内の情勢を見極めようとしているうちに時間が経過。イージス艦の衝突事故や予算案の衆院での採決強行なども重なり、提示がずれこんでいた。

 国会同意人事では、政府案が国会に提示されてから衆参両院の本会議で同意を得るまでに10日間程度の期間を置くことが慣例。福井氏の任期切れが19日に迫り、週内の提示がギリギリのタイミングと判断したと見られる。
(朝日新聞より)



 財金分離の原則を持ち出すまでもなく、本来なら財務省・金融庁OBを日銀総裁にする事はあまり良い状態ではない。


 特に現在のように財政がひっ迫している状況の中、どうしても金融政策が財政政策の足かせになってしまうからだ。


 武藤氏がどの程度能力があるのかは分からないが、バランス感覚が欠如しているのは間違いないような気がする。


 福田首相は任せてくれと言っている様だが、現在の財政政策の失敗や金融政策の埋没にこの人物が必ずと言って良いほど名を連ねている点はどうしてなのだろう。



 確かに、ここ10年は暗黒の時代と言ってもよく、誰がやっても同じような結果になったかもしれないが、これ程失敗続きの状態で、また、同じ人が舵をとる必要があるのか本当に心配になってくる。


 他に人がいないという事なのか、それとも、何か別の理由があるのか知りたい物である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
金利を上げない人を選んでいるかと。金利が低くて儲かるのは、銀行(消費者金融が系列)と証券会社、後はアメリカです。
一般人
2008/03/07 17:46
 一般人さん、コメントありがとうございました。
 銀行は金利上昇が必ずしも嫌なわけでもないでしょうが、政府にとっては切実な問題と言わなければならないでしょう。
 現在の原材料の値上げの背景には日本の金融政策が少なからず関与しているのも事実でしょうし、逆に中小の企業にとっては現在の低金利は幸せな事なのかもしれません。
 ただ、結果として、現在の日銀の政策は破綻をきたしているのも事実なのではないでしょうか。 
すかんく
2008/03/10 13:50
金利は下がりましたが、銀行系の貸付金利は結構高いですよ。この金利差(預金金利と貸付金利)が銀行の黒字の種です。サブプライムであれだけ損をしても、銀行は利益が出るのですから。通常、貸付金利は預金金利の2倍程度ですが、今の上限は28%程度だったかと。
一般人
2008/03/10 18:28
 一般人さん、コメントありがとうございます。
 つい最近まで、28%近くの金利だったと思います。
 一部のものを除いて、今は14%台になったと思いますが、それでも確かに金利は高いですよね。
すかんく
2008/03/10 19:02
今でも消費者金融は28%で貸していますよ。出資法上限までの利息で。
一般人
2008/03/10 21:06
 たぶん、10万円以下だったり、期間が短いかのどちらかが条件になっているのではないかと思うのですが・・・。
 もし間違えていたらごめんなさい。
すかんく
2008/03/11 16:32
 一般人さん、コメントありがとうございました。
 調べてみましたら、確かに29%台の消費者金融がまだまだ沢山ありました。
 ご指摘ありがとうございました。
 14%と書いていましたが多くの銀行系の消費者金融は18%前後が多いようです。
すかんく
2008/03/11 16:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
日銀総裁人事、国会提案へ 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる