税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS JR岡山駅の突き落とし事件

<<   作成日時 : 2008/03/27 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 岡山市のJR岡山駅で岡山県職員假谷(かりや)国明さん(38)が大阪府大東市の少年(18)に線路に突き落とされ、電車にはねられて死亡した事件で、少年が、家出をした理由の一つとして経済的事情で大学進学を断念したことを挙げていることが26日わかった。岡山県警は動機につながる可能性もあるとみて調べている。また、少年の父親(56)が同日、記者会見して被害者や遺族に謝罪した。

 少年は調べに「進学希望があったが、経済的な理由であきらめたことが家出の原因の一つ」と供述。県警は少年が投げやりな心境になっていた可能性もあるとみている。

 また、少年は「大阪を離れたいと思い、行くあても確認せずに電車に乗った」と話しているといい、県警は、たまたま岡山駅で犯行に及んだとの見方を強めている。

 一方、岡山市で記者会見に応じた少年の父親は「被害者のご家族に本当に申し訳ない」と何度も頭を下げ、家庭や少年の事情を語った。

 父親によると、少年は「父ちゃん子」。父親が派遣会社員として働く合間にも、よく携帯電話で連絡を取り合っていた。茨城県土浦市の8人殺傷事件のテレビニュースを夕食時に見ながら「こんなことしたらあかんよ」と言うと、少年は「うん」と答えたという。

 少年は「誰かを刺してやろうと思っていた」と供述し、果物ナイフをバッグにしのばせていたとされる。父親は「心の底まで見抜けなかった」と苦しい表情を浮かべた。

 父親によると、少年は気が弱く、子犬にも追いかけられていた。小、中学校時代にいじめを受け、ゲームソフトを取られたり暴行されたりした。中学卒業後に一度だけ「いつかやり返したるねん」と口走ったことがあったが、父親が諭すと「分かってる」と答え、以後は触れなかったという。

 いじめから逃れるため高校は自宅から離れた府立へ。少年は大学進学を希望したが、父親が「貧乏で進学させるだけの金がない」と言うと、少年は「1、2年働いて金をため、国立大学にいけるように頑張る」と話したという。

 少年は、24日にはハローワークに行き、事件当日の25日朝は、勤めに出る父親とパートの母親(55)を自宅で見送った。出勤後、父親が携帯電話で「就職に向けて頑張って運動しなさい」と伝えると、少年は「はーい」と答えた。しかし、昼休みには珍しく携帯電話がつながらなかった。少年の携帯電話は家に残され、午後8時になっても帰宅しなかったため、警察に家出人捜索願を出した。

 父親は「電車でお年寄りに席を譲る子だったのに」と手で顔を覆い、「こんな子を育て、申し訳ない」と謝った。
(朝日新聞より)


 
 どんな理由があったとしても、到底納得できないしありえない話ではないかと思う。


 人を殺す理由にはならないし、社会に対する憤りなのかも知れないが被害者の無念を思えば何の慰めにもならない。


 こうした無差別事件が後を絶たない。


 怖さも感じるしやるせなさも感じる。


 何故ももちろん大切なのだが、どうするのかもあわせて考えていかなければならないのではないかと思う。


 被害者の冥福をお祈りする。また、被害者遺族には哀悼の意を表したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR岡山駅の突き落とし事件 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる