税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「父ちゃん好きだから、泥棒手伝った」小6の男児語る。

<<   作成日時 : 2008/03/25 12:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 小学6年生の長男にマンションの壁を伝わせて部屋に侵入させ、内側から鍵を開ける手口で空き巣を繰り返したとして窃盗と住居侵入の罪に問われた土木作業員の男(36)=北九州市小倉北区=に対する判決公判が25日、福岡地裁小倉支部であり、重富朗裁判官は懲役2年6カ月(求刑懲役3年)を言い渡した。

 判決によると、男は昨年10月28日午後1時ごろ、同市小倉南区のマンション5階の部屋に侵入し、現金約4万円などを盗み出すなど計4件の空き巣を繰り返した。長男と2人で玄関先まで行き、長男に壁伝いに鍵のかかっていない出窓から中に入らせ、玄関の鍵を内側から開けさせていたという。

 検察側が明らかにした供述調書などによると、男は「自分一人では恐ろしくてできず、長男を利用した」、長男は「お父さんが好きだから十何回か泥棒した」と話していたという。

 重富裁判官は、「施錠されていないことの多い高層階の出窓などから身軽な長男を使って侵入する手口は巧妙」と指摘。長男が転落すれば死亡する危険があるのに、何ら手だてを講じていないことから、「親としての自覚を欠く卑劣な犯行だ」と述べた。
(朝日新聞より)


 呆れて物が言えない。


 親が子供に泥棒の手伝いをさせるなど言語道断だ。


 前にもわが子に万引きさせていた母親が記事になっていたが、今回の場合も卑劣極まりないだけでなく、子供が万が一落ちたらどうするつもりだったのであろうか。



 反省するのも当然だが、よく自分を見つめなおすべきであろう。


 この子がちゃんと成長して言ってくれることを願うのみだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
戦後は豊かだったですが(小泉改革以前)戦前は貧乏な子は’からゆきさん’として外国へ売られていました。10代あるいはもっと幼い日本人の子供がが外国人の性のおもちゃに売られていたのです。貧困とはこういうものです。これからの日本は小泉改革の成功と続行で貧困が拡大するのでまた子供はかわいそうですね。
属国人
2008/05/05 21:32
 少し想像力が豊か過ぎるのかも知れませんが、言いたい事は分かります。
 私が不思議でたまらないのは、この結果を見ても小泉改革なるものを指示している人が多い事ですし、何より小泉氏の再登板を期待している人が多い事です。
 今問題になっている後期高齢者医療制度も是非は別にして、制度設計を行い法にしたのは小泉内閣ですからね。本当に不思議です。
すかんく
2008/05/07 14:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
「父ちゃん好きだから、泥棒手伝った」小6の男児語る。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる